autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス LS 海外試乗レポート(日下部保雄編)

試乗レポート 2006/8/25 14:24

レクサス LS 海外試乗レポート(日下部保雄編)

関連: レクサス LS Text: 日下部 保雄 Photo: トヨタ自動車株式会社
レクサス LS 海外試乗レポート(日下部保雄編)

シンプルで、誰にでもすぐに使える親しみやすいインテリア

ニューカマーのLSはメルセデスのSクラスやBMWの7シリーズのマッシブなデザインとは違って、日本が発信するLクラスセダンらしく微妙な曲面を取り入れて、厭きのこないスタイルにしている。この面での独自性は強い。

インテリアはシンプルで、誰にでもすぐに使える親しみやすさが特徴だ。メルセデスやBMWがレクチャーを受けないと動かせないのと違い、LSはキーを受けってすぐに走り出すことが出来る。その分、デザイン上の冒険はしていないので面白みは欠けるのも事実。ATのセレクターレバーも従来のフロアタイプだ。

さすがレクサス、と感じさせる滑らかさ、静けさ

パフォーマンスで目を見張るのは新しいV8エンジンだ。直噴とポート噴射を組み合わせたトヨタ新世代のガソリンエンジンは4.6リットルから約380PSを発生し、ヨーロッパの競合車に対してもマージンを持っている。

試乗車はまだ試作車だったので、個体差があったが、総じてさすがレクサス、と感じさせる滑らかさ、静けさを誇る。パワーの盛り上がり感もなかなか気持ちがよい。更にコンパクトな8速ATは多段化の強味で、切れ目のない加速を実現しており、レスポンスもシャープだ。

考えるATはドライバーのクセを学習しつつ、ドンドン自然なフィーリングになってくる。パフォーマンスはLSの大きな魅力だ。

乗り心地とハンドリングの両立へのチャレンジ

さて、全グレード、エアサスになるが、目標はタイヤの選定からして乗り心地を重視したものであることがわかる。ダンパーによるロール制御はまだ甘いが、従来のLS(セルシオ)よりかなりハンドリングが向上しており、販売までに総合制御が進化することを見込むとかなり期待できそうだ。乗り心地とハンドリングの両立は難しいがそれにチャレンジしている姿勢がよく表れている。

LSの魅力はパワーと滑らかさだ。だが、現行のプロトタイプはレクサスのフラッグシップモデルとしてはまだまだ未完成。ここで判断するのは早い気がする。これからがとっても期待できクルマだ。

レクサス LS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス LS の関連記事

レクサス LSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス LS の関連記事をもっと見る

レクサス LS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円