autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス 新型LS(LS460/LS600hL) 試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2012/10/31 20:21

レクサス 新型LS(LS460/LS600hL) 試乗レポート/渡辺陽一郎(3/4)

関連: レクサス LS Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
レクサス 新型LS(LS460/LS600hL) 試乗レポート/渡辺陽一郎

マイナーチェンジにより僅かな舵角でも正確な反応を見せる新型LS

新型LSのバリエーションは、従来と同様にV型8気筒4.6リッターエンジンを搭載する「LS460」と、5リッターのハイブリッドを積む「LS600h」を設定。それぞれに標準ボディ、グレード名に「L」が付くロング版がある。

グレード構成では、スポーティ指向がバージョンSZから「Fスポーツ」に発展。ロングボディに設定されていたリアシートを重視するバージョンUZは「エクスクルーシブ・パッケージ」になる。

レクサス 新型LS(LS460)

まずは4.6リッターの「LS460」Fスポーツに試乗した。

ノーマルエンジンでも最高出力は392馬力(6,400回転)、最大トルクは51kg-m(4,100回転)と強力だから、加速性能は力強い。4,000回転を超えた領域における車速の伸びもダイナミックで、日本の道路環境で使うには十分過ぎる性能だろう。

静粛性も優れるが、注目すべきは4,000回転を超えたあたりからエンジンの鼓動がドライバーへ適度に伝わってくること。通常は滑らかで静かだが、峠道では積極的な運転を楽しめる。

Fスポーツは、ハイブリッドになるとアクティブスタビライザーが装着されるが、LS460ではトルセン式LSD(リミテッドスリップデフ)とサスペンションの設定変更にとどまる。マイナーチェンジにおける追加だから、GSのFスポーツとは異なり、後輪操舵によって走行安定性を高める機能は備わらない。

レクサス 新型LS(LS460)レクサス 新型LS(LS460)

それでもコーナリング時には、後輪をしっかりと接地させて確実に曲がってくれる。

路面の情報もステアリングを通じて掌に伝わり、安心感も高い。全長5,090mm、全幅1,875mmという大柄なボディは街中での取りまわし性こそ悪化させるが、幅の広い道路においては実サイズより一回り小さく、軽く感じられた。

マイナーチェンジによって、微小な舵角から車両が正確に反応するようになったこともメリットだ。操作に対する挙動の遅れがなくなると、ドライバーはクルマが小さく、軽くなったように感じられる。

同時に、運転感覚も上質に感じられるようになった。ドライバーの意思に忠実に動くからだ。そして挙動が正確なら、ラフな操作をすれば車両の動きがギクシャクするため、滑らかな運転を行う。となれば走って楽しく、安全性も高まる。

ちなみにこの発展の方向性は、レクサスLSに限らず、さまざまなメーカーと合致する。

「スカイアクティブ・テクノロジー」を打ち出したマツダ車も同じ。CX-5は高重心のSUVでありながら、操作に対する挙動が正確になった。正確なクルマの動きは、ボディの剛性を高め、サスペンションやステアリングが的確に作動することで生み出されたから、乗り心地にもメリットをもたらす。

Fスポーツのタイヤは19インチ(245/45R19)のブリヂストン・トランザER33だが、乗り心地はしなやか。前述の「ドライブモードセレクト」をスポーツ+にシフトすると若干硬く感じるが、ノーマルモードなら重厚感が伴って快適だ。

レクサス LS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス LS の関連記事

レクサス LSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス LS の関連記事をもっと見る

レクサス LS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円