レクサス LS レクサス 新型LS(LS460/LS600hL) 試乗レポート/渡辺陽一郎

記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス 新型LS(LS460/LS600hL) 試乗レポート/渡辺陽一郎

レクサス 新型LS(LS460/LS600hL) 試乗レポート/渡辺陽一郎 (1/4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レクサス LS 車種情報

Text :
Photo:
茂呂幸正
レクサス 新型LS(LS460/LS600hL) 試乗レポート/渡辺陽一郎

新たなレクサス顔“スピンドルグリル”がLSにも採用!

これはフルモデルチェンジか!?と驚かされたのが、レクサスLSのマイナーチェンジである。

基本部分は従来と共通だが、フロントグリルが大幅に変更された。

「スピンドルグリル」と呼ばれる、糸巻を横から見たような造形のラジエターグリルが備わり、視覚的な迫力が大幅に増した。テールランプはLEDを使ったL字型で、後ろ姿も新鮮味を打ち出している。

「スピンドルグリル」は、2012年1月にフルモデルチェンジされた「GS」や4月にマイナーチェンジされた「RX」など、“レクサスの新しい顔”となっている。そして、今後は次期ISにもこのグリルが採用される予定だ。

LSはマイナーチェンジでこのスピンドルグリルが採用されたため、従来から受け継がれているボディサイドとのバランスが難しい。側面にも手が加えられたが、基本はスッキリとしたデザイン。斜め前から見るとフロントマスクが誇張され、外観をひとつの塊として捉えにくい。

「スピンドルグリル」には、フェンダーを大きく張り出させたスポーティ指向のボディが似合う。開発者によれば、変更の背景には北米など海外市場のニーズがあるという。メルセデス・ベンツやBMWは、いずれも顔立ちが個性的。「レクサスは押しが弱い」と評価され、スピンドルグリルが採用された。

ただし、日本は海外とは事情が異なる。海外におけるトヨタ車は、70年代前半のオイルショックにおいて「燃費に優れ、安くて壊れにくい日本車の代表」として普及した。

対する日本国内では、1955年に登場した初代クラウンがトヨタ車の出発点。トヨタは「高品質で馴染みやすい自動車メーカー」として国内で認知され、2005年にスタートしたレクサスのブランド力でも、いまだに「トヨタ」には追い付くことができない。

LSもクラウンに準じた見方をされるから、「スピンドルグリル」も賛否両論だ。

もっとも、トヨタ車も変わり始めており、近々登場予定の次期クラウンは、保守的だったロイヤルサルーンも含めて目立ち度満点な顔立ちへと変わるというウワサだ。

今後のトヨタ車が次期クラウンの路線で発展すると仮定すれば、レクサスとの整合性は図られるだろう。そこには相当な「賭け」も伴うだろうが。

いずれにしろトヨタ、レクサスともに今はデザインの過渡期。それを象徴するのが、LSのマイナーチェンジで採用された「スピンドルグリル」だ。


  1. Page1 レクサス 新型LS(LS460/LS600hL) 試乗レポート/渡辺陽一郎
  2. Page2 ドライブモードセレクトやワイド化されたディスプレイなど、インテリアも正常進化
  3. Page3 マイナーチェンジにより僅かな舵角でも正確な反応を見せる新型LS
  4. Page4 動力性能はLS600hLがパワフルだが走りの質が高いのはLS460

渡辺陽一郎

筆者プロフィール: 渡辺陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レクサス LS 関連記事

≫レクサス LSに関連する全ての記事を見る

レクサス LS 関連ニュース

レクサス、「LS」「IS F」を一部改良

自動車ニュース 2013/9/6

レクサス、「LS」「IS F」を一部改良

レクサスは、「LS460」「LS460L」ならびに「LS600h」「LS600hL」および「IS F」を一部改良し、「IS F」に…

レクサス、次世代フラッグシップモデルとなる新型「LS」を発売

自動車ニュース 2012/10/12

レクサス、次世代フラッグシップモデルとなる新型「LS」を発売

LEXUSは、LS460、LS460LならびにLS600h、LS600hLをマイナーチェンジし、全国のレクサス店を通じて10月11…

≫レクサス LS に関連する全てのニュースを見る

気になる新車の見積もり価格を今すぐチェック!