autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス IS350C 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2011/1/28 16:19

レクサス IS350C 試乗レポート/岡本幸一郎(3/4)

関連: レクサス ISコンバーチブル Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
レクサス IS350C 試乗レポート/岡本幸一郎

前席も快適ながら意外なほど後席の居住空間にも優れる

IS-C 電動開閉トップイメージ

では、IS-Cの本質である、電動メタルトップを持つコンバーチブルという部分に話を戻すと、メタルトップは20秒で開閉可能。開けると爽快なオープンエアモータリングを楽しむことができる。

インテリアは基本的にセダンと共通のデザインながら、「オープンカーはインテリアもエクステリア」よろしく、色使いはセダンと異なり、IS-Cに相応しくコーディネートされている。

そして、従来はメローホワイト系のシートカラーがいくつか用意されていたところが縮小され、かわってブラック&レッド、ライトグレー、サドルタンの新色3色を加えた全7パターンの設定とされた。

なお、ボディカラーも従来の「ダークブルーマイカカラークリア」が廃され、かわって新色「ラピスラズリマイカ」を設定した全9色となった。

IS350C シート(インテリアカラー:ブラック&レッド)
IS350C シート(インテリアカラー:サドルタン)IS350C シート(インテリアカラー:ライトグレー)

またIS-Cは、意外なほど後席の居住空間に優れることも特長で、成人男性でもなんとか座れるスペースが確保されている。そこは背もたれの直立したSCとは大違いである。

ウインドスクリーンが標準では付かず、オプションとなっているが、なくてもサイドウインドウさえ立てていれば、前席で感じる風の巻き込みはかなり小さく抑えられる。

後席では、さすがに風の巻き込みも大きく、乗り心地にも固さを感じるのは否めないところだが、前席の快適性はとても高く保たれているので、よしとしたい。

また今回、すべての窓が一括で開閉できるスイッチが新設定され、使い勝手が向上したこともお伝えしておこう。

レクサス ISコンバーチブル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス ISコンバーチブル の関連記事

レクサス ISコンバーチブルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス ISコンバーチブル の関連記事をもっと見る

レクサス ISコンバーチブル の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円