autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス IS250C 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/5/18 09:00

レクサス IS250C 試乗レポート(2/3)

関連: レクサス ISコンバーチブル Text: 日下部 保雄 Photo: 島村栄二
レクサス IS250C 試乗レポート

これは家族で使えるコンバーチブルだ

サイドビュー

ISはスポーティなデザインで人気がある。IS-Cはそのデザインを大切にして、クーペとしてもコンバーチブルとしてもスッキリしたデザインとしている。ISセダンより全長で50mm長くなっているが、ルーフの収納スペース確保でデザインが破綻しないために後半を伸ばしているためだ。4,635mmの全長に対して全幅は1,795mmとセダンと変らない。またプラットフォームの基本も変っていないのでホイールベースもセダンと同じ2,730mmだ。

エクステリアではボンネット、ヘッドライトを除きIS-C独自のデザインで内装もコンバーチブルの華やかさを際立たせるコンビネーションカラーのシートを設定している。

リアシートはセダンほど広くはないが、無理な姿勢を強いられることなく、一応2人の大人が座っていられる。例えばFFのVWイオスほどは広くないが、ちょっとしたドライブなら許容範囲だ。クーペ状態ではさすがに閉塞感はあるが、クーペとしては常識的なところに落ち着いている。つまり家族で乗っても困らないということだ。ちなみにフロントシートの肩口についたボタンを押すと、電動でフロントシートが前方に移動して、後席に乗りやすくするという芸の細かさを見せる。

そしてIS-Cのハイライトのルーフは20秒で完全開閉でき、量産コンバーチブルでは世界最速の開閉タイムだ。ルーフは軽量なアルミ製で3分割に折りたためるが、いつ見てもこの芸術的な動きは楽しめる。

さて、この種のクルマでは物が入らないことが問題になるが、トランクはクローズド状態では9インチのゴルフバッグが2個と中型のスーツケースが2個積める。これは奥行きがあるために実現したことだ。

またオープン時でもゴルフバッグが1個とキャリーバッグが入る。リアシートにも大量の荷物がつめるので、2人での旅行に不便はない。

フロントビューリアビューインパネフロントシートトランクルーム

レクサス ISコンバーチブル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス ISコンバーチブル の関連記事

レクサス ISコンバーチブルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス ISコンバーチブル の関連記事をもっと見る

レクサス ISコンバーチブル の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円