autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エンタメ 愛車紹介 平手晃平選手/今井優杏の「あなたの愛車教えて下さい!」 3ページ目

レーサー愛車紹介 2011/7/28 10:54

平手晃平選手/今井優杏の「あなたの愛車教えて下さい!」(3/4)

関連: レクサス IS Text: 今井 優杏 Photo: 今井優杏
平手晃平選手/今井優杏の「あなたの愛車教えて下さい!」

憧れだったスーパーGTは趣味と実益を兼ねている!?

―もともと市販車は好きなんですか?

自分の父親がクルマ好きでした。かといってレースやクルマ関係の仕事に携わっていたわけではないんですけど、自分で工具を持って手を入れたい、というタイプの人でしたから、子供の頃から自然と僕も好きになりましたね。

『塗装ハゲちゃうでしょ?』っていうくらい毎日磨いたりするんですよ!だから僕もオイル交換とか自分でやってましたし、手が汚れるのも全く気にならない。『クルマは自分の彼女』と思ってたくらいです(笑)。

―レースキャリアも、クルマが好きという原点からスタートされたんですか?

いや、逆です。

小学校5年生の時に父親が趣味でカートをやっていて、毎週末行くくらいハマっていたんですよ。で、そんなに好きなんだから面白いんだろうな、と思って、付いて行ったのがきっかけで、カートを始めたんです。その後に市販車に興味を持つようになったんです。中学や高校では、車種を型番で言うようになってましたね。

―例えばマークⅡをX90、って言うとか?

そうそう(笑)ISだとGXEなんとか、とか友達と話してました。自分の中ではカートで競技をしてることとクルマが好きだ、ということは、当時あんまり繋がってはいなかったんですよ。単に好きだったんです。

―じゃあ今、スーパーGTで市販車ベースのクルマでレースをされていることは、喜びだったりするんじゃないですか?

そうですね、僕が16歳でフォーミュラカーのレースデビューをしたときに参戦していたカテゴリーがフォーミュラトヨタというレースなんですが、そのレースがスーパーGTと併催だったんです。

当時スーパーGTで活躍していたのがスープラとかGT-Rでしたから、めちゃくちゃ乗ってみたかったですね。憧れましたよ。

そう思っていたら、ヨーロッパでレースに参戦することになったので、少しグランドツーリングカーのレースからは離れてしまったんですが、いつかはGTに乗りたい、とずっと思っていました。帰国後GTに参戦することが決まった時は、本当に嬉しかったですね。あのGTカーが近くで観られる、乗れる!って。

―一種のファン心理ですね(笑)

今でもそうです。『あ~、このパーツ、自分のクルマに流用出来ないかな』とか思って見てますよ!メカニックさんとも仲良くなることで情報の共有もできますし、パーツをもらっちゃったりしてます(笑)。

―まさに趣味と実益を兼ねてるわけですね!

そうですね、メカニックさんとコミュニケーションすることはすごく楽しいですね。レース以外にも色んな相談をします。レースメカニックはディーラーのメカニックよりもトラブルに関する情報を多く持っているので、何かあったときに心強いです。

例えばデフのトラブルなんかは、レーシングメカニックのほうが詳しいしデータも豊富ですから。今はGTにISが出てるので『あのパーツかっこいいな』と思ったらチームにまで見に行ったりしますよ!

レクサス IS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス IS の関連記事

レクサス ISの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス IS の関連記事をもっと見る

レクサス IS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円