autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス 新型IS(次期IS/2013年モデル) 試乗レポート/石井昌道 -次期レクサスISは2013年デトロイトで正式発表!- 2ページ目

試乗レポート 2012/12/5 15:08

レクサス 新型IS(次期IS/2013年モデル) 試乗レポート/石井昌道 -次期レクサスISは2013年デトロイトで正式発表!-(2/2)

レクサス 新型IS(次期IS/2013年モデル) 試乗レポート/石井昌道 -次期レクサスISは2013年デトロイトで正式発表!-

限界走行で見えた次期ISのボディへのこだわり

次期レクサスIS(新型レクサスIS)2013年モデル [プロトタイプ] 試乗

次期ISはボディ造りにこだわりをみせているが、それが限界走行では如実に効果をもたらしていた。

従来のスポット溶接を増やすというだけではなく、25mにおよぶレーザー溶接やウェルボンド接着、ダイクエンチ工法などを積極的に採り入れているのだ。ボディ剛性の向上や軽量化に寄与するのはもちろんのこと、ボディのダンピング特性にも好ましい変化が見られるとのことだが、それは一般公道での走りでより鮮明に確認できた。

現行モデルは大きなバンプがある路面を通過すると、サスペンションの動きが渋いような感触があったが、次期モデルはボディがガッシリしていてサスペンションがスムーズに動く。乗り心地が良く、あらゆる速度域、路面でボディがフラットに保たれるからじつに快適なのだ。

さらに、路面からの入力に尖っているところがなく、潤いのある乗り味となっている。また、高速道路では外乱が多くとも直進性が高く、ステアリングのフィールも従来に比べて進化が見られた。

次期レクサスISで最も期待の「IS300h」

次期レクサスIS(新型レクサスIS)2013年モデル [プロトタイプ] 試乗次期レクサスIS(新型レクサスIS)2013年モデル [プロトタイプ] 試乗

次期ISでもっとも興味深く、可能性を感じるのがじつはハイブリッドのIS300hだ。

GSなどとは違って4気筒エンジンなので、環境性能はクラス随一。欧州モードでのCO2排出量は約100g/km切りを目指しているという。仮に99g/kmなら燃費換算すると23.3km/Lで、トヨタiQの1.0Lモデルと同等なのだからかなりのインパクトがある。

速さも、300hと名乗っている通り3.0L並のパフォーマンスで不満はない。CVTの制御が改善されており、エンジン回転数と車速がリニアに上がっていくようなフィーリングなのでハイブリッドとしてはスポーティに仕上がっていた。

レクサスはドイツのプレミアム・ブランドに対してフォロワー的な立ち位置だが、登場当初から圧倒的な静けさや上質な味わいなどには定評があり、ライバル達を慌てさせるほどだった。その美点は次期ISにもしっかりと受け継がれている。

あとはこのクラスではとくに求められるスポーティさをどれぐらい引き上げられるかというところだが、ボディの進化によってポテンシャルとしては大幅に向上している。

次期レクサスIS(新型レクサスIS)2013年モデル [プロトタイプ] 試乗

好みから言えば、ハンドリングはもう少し舵の効きを良くしたいところ。全体的なグリップが上がるとともにスタビリティが高くなっているので、相対的にリアが粘り過ぎる嫌いがあるからだ。それは開発陣も認識していて、現在最終的な煮詰めを行っているという。

ワールドプレミアは2013年1月のデトロイト・モーターショーだが、実際に市販車のデリバリーが始まるのは2013年中頃になるとのことなので、時間はまだ残されている。

最後の仕上げでピリッとスパイスを効かせられるかどうかが見物だ。

筆者: 石井 昌道
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス IS の関連記事

レクサス ISの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス IS の関連記事をもっと見る

レクサス IS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/16~2017/12/16

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    497.2万円769万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円