autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 レクサス 新型IS 新型車解説 -ベストグレードはハイブリッドモデルの「IS300h・Fスポーツ」!- 2ページ目

新型車解説 2013/5/16 14:07

レクサス 新型IS 新型車解説 -ベストグレードはハイブリッドモデルの「IS300h・Fスポーツ」!-(2/4)

関連: レクサス IS Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
レクサス 新型IS 新型車解説 -ベストグレードはハイブリッドモデルの「IS300h・Fスポーツ」!-

BMW 3シリーズに近づいたドライバーズシート

レクサス 新型ISレクサス 新型IS

レクサス 新型ISの内装は、インパネ周辺が少し繁雑だが、操作性や視認性は良い。左端に位置するエアコンスイッチにも手が届きやすい。ATレバーも一般的な形状で、メルセデス・ベンツやBMWに比べるとその操作感は馴染みやすい。

フロントシートは、座面の奥行寸法とバックレストの高さが十分に確保されている。サポート性は良好で、座り心地にもボリューム感がある。運転席に座った印象は、先代ISと比較しても引き締まっており、BMW 3シリーズに近い。このあたりは外観と同様、新型ISの新しい方向性を感じ取ることが出来る。

先代ISもスポーティセダンをテーマに開発されたが、その外観はアウディA4に似た印象を持っていた。日本では女性ユーザーの比率が予想外に高く、マイナーチェンジで足まわりをソフトな方向に変更したこともあった。

しかし今では、先代ISの登場時点とは異なり、CT200hやHS250hなども用意されている。レクサスの品ぞろえが増えたことで、ISはスポーティ路線を明確化できるようになった。そこで外観の個性を強め、内装も車両との一体感を抱きやすい造形になっている。

リアシートの居住性は大幅に向上

レクサス 新型IS

リアシートは居住性が向上。先代ISは窮屈で、居住性はクーペに近い水準だった。正確には2007年のマイナーチェンジでフロントシートのバックレストを薄型化し、膝先空間を20mm拡大したが、居住性にはほとんど変化はなかった。これが新型ISでは、前述のようにホイールベースを70mm拡大。前後席のヒップポイント間隔も40mm広げており、著しい窮屈感は解消された。

身長170cmの大人4名が乗車した状態で、リアシートに座る同乗者の膝先空間は、先代ISの後期モデルでは握りコブシ1つ半。それが、新型ISでは2つ少々と拡大されている。頭上空間は、掌が収まる程度で先代ISと同じくやや狭め。リアシートの座面の前側を大きく持ち上げたので、大腿部は離れにくいが着座姿勢は若干窮屈となる。リアシートに座った乗員の足がフロントシートの下に収まりにくいことも若干気になる。

開発者によれば「フロントシートの下にプラットフォームの基本骨格があり、床を下げるのに限界があった」とのこと。 以上の点を踏まえると、新型ISではリアシートの居住性が優れているとはいえないものの、先代と比べて4名乗車の実用性は高まった。

スポーツ性を追求しながら居住性も向上させた背景には、ライバルとなる欧州車の動向がある。

アウディA4は前輪駆動の採用で居住性が優れ、BMW3シリーズも現行型ではホイールベースを拡大しリアシートの足元を広げた、となればISも居住性を向上させる必要があったのだ。

レクサス 新型ISレクサス 新型ISレクサス 新型ISレクサス 新型ISレクサス 新型IS

レクサス IS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス IS の関連記事

レクサス ISの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス IS の関連記事をもっと見る

レクサス IS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円