autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス IS F 試乗レポート 4ページ目

試乗レポート 2007/10/26 16:03

レクサス IS F 試乗レポート(4/4)

関連: レクサス IS F Text: 日下部 保雄 Photo: 村西一海
レクサス IS F 試乗レポート

試乗

試乗
試乗中の日下部保雄試乗

エンジンをスタートさせると5リットルの力強い排気と吸気音のパフォーマンスを感じるが、意外とおとなしい。ところが3600回転付近を過ぎると吸気音が急速に高まり、いかにもそれらしいスポーツの世界へ突入する。さらにレッドゾーンに近付くにつれて、メカニカルノートが響き渡り、明らかに2UR-FSEとは素性の違うエンジンであることがわかる。低速トルクも十分だが、それよりもトルクの山があって、高揚感を大切にしているのが嬉しい。また中速回転域でのレスポンスはとても素晴らしい。

マニュアルレンジで走るIS Fはダイレクトにエンジン回転にミートするので、ドライバーがマニュアルでパドルなどを操作しなければならない。回転の上昇の早いエンジンはほっておくとレブリミッターに容赦なく当たる。それに変速のレスポンスが非常に早くて(0,1秒)ショックも伴うが、それがさらにスポーツマインドをくすぐるのだ。マニュアルレンジではDレンジとは違ってアクセルに敏感に反応するので、高速クルージングをしている際にも前のクルマの速度に合わせるのは簡単だ。通常のATでは時としてダイレクトではないので、場面によってはブレーキペダルにアシが行くが、ISFではその必要はない。

さてスポーツVDIMとマニュアルレンジでウェットの冨士SWにISFを乗り入れる。 たちまち、1コーナーに近付き、ダウンシフトとともに強力なブレーキを使う。もちろんABSは作動し、IS Fは身を震わせるようにして減速する。アクセルを踏むとリアは容易に流れるが、ある程度のドリフトアングルをつけたところで、スポーツVDIMが作動して、これ以上のテールスライドを許さない。

さすがにフロント荷重が大きいクルマだけに時としてアンダーステアが顔を出しそうになるが、パワーに任せてリアを振り回すと、クルマの姿勢のコントロールは意外とセオリーどおりなコトがわかる。長いコーナーが続く100Rではさすがに速度を抑えて旋回する。

ちなみVDIMをすべてオフにした時は素早いステアリングワークでカウンターステアを駆使して、長いドリフトコントロールを楽しむことが出来る。もちろん油断は大敵、不用意にアクセルを開けると、あっと言う間にスピンしてしまうから注意したほうが良い。

ヘアピンを通過した後の超高速コーナーでは素早いシフトで次々をシフトアップして速度を乗せていく。Bコーナーの手前では急制動とともに2速までシフトダウンしたが、変速はスムースだ。ここからは上りのトリッキーなコーナーが続くが、トルクフルで8速もあるギアボックスのおかげで、完全にいつでもパワーバンドに乗せていくことが出来る。

ストレートでは速度リミッターのないテスト車に乗る幸運に恵まれたが、ストレートエンドでウェットの中で245キロをマークした。この領域でもISFは非常に安定していた。しかも連続走行でもエンジン、トランスミッションなど冷却系に問題は少しも生じなかった。

ISFはとてもファンタステックなスポーツセダンだ。欲を言えば“もう少しシャシーのトラクションが欲しい”“あと500回転高回転まで回したい”などあるのだが、それらはこのクルマの評価を下げることにはまったくならない。 とにかくISFのステアリングを握る機会があったら、純粋にドライビングを楽しんで欲しい。きっとこのクルマが好きになる。

レクサス IS F 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス IS F の関連記事

レクサス IS Fの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス IS F の関連記事をもっと見る

レクサス IS F の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円