autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス HS250h 試乗レポート/藤島知子 2ページ目

試乗レポート 2009/8/4 14:00

レクサス HS250h 試乗レポート/藤島知子(2/3)

関連: レクサス HS Text: 藤島 知子 Photo: 島村栄二
レクサス HS250h 試乗レポート/藤島知子

女心もくすぐる!?上質なインテリア

レクサス HS250h センタークラスター

ボディサイズをミドルセダンのレクサスISと比較してみると、HSは全長が115mm長くて車幅は10mm狭く、75mmほど背が高い。着座位置が高く、頭上にゆとりがあって乗り降りしやすい実用的なレイアウトになっている。 全長が短く背が高いとなれば、一歩間違えれば野暮ったいシルエットになりそうなものだが、実車をみると全体がスッキリとまとめられていることに驚かされる。

ボンネット上部に向けて空気の流れを整える役割を担うフロントグリルは独特なデザインで好みが分かれそうだが、よく見ると横一文字にヘッドライトと繋がり感をもたらす効果が得られていて、クールなキャラクターを印象づけている。 なかでも、レクサスらしいプレミアムな気分に浸らせてくれるのはインテリアといえるだろう。

HSにはこれまで主流だったベーシックな内装色に加え、キャメルイエローや深みのあるブラウン系のサドルタンなど、これまでのレクサスにはなかった「味」のある色合いが新たに設定された。それらが滑らかな手触りの本革素材とあいまって、「上質なものに包まれていたい」という贅沢な女ゴコロをくすぐる要素となるに違いない。また、本革シートの場合、フローティングのセンタークラスターの端にも同色の素材があしらわれ、ハンドメイドのステッチが走るこだわり仕立てになっている。

ナビ画面がマウス感覚で操作できるリモートタッチのほかに、指先で軽く扱うことができるシフトスイッチ、エコドライブをサポートする機能性など、先進性とプレミアム感が融合された空間は、これまでどこか素っ気なさを感じさせたハイブリッド専用車に新たな価値観をもたらしてくれそうだ。

レクサス HS250h シフトレクサス HS250h リモートタッチレクサス HS250h リアニースペースレクサス HS250h サンルーフレクサス HS250h サイドイメージ

レクサス HS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス HS の関連記事

レクサス HSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス HS の関連記事をもっと見る

レクサス HS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円