autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】レクサス GS300h 試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2014/3/31 13:04

【試乗】レクサス GS300h 試乗レポート/九島辰也(2/2)

【試乗】レクサス GS300h 試乗レポート/九島辰也

ハイブリッドとしての価値は高いが、ハンドリングにクイックさが欲しい

レクサス GS 300h F SPORT/走行イメージ1 【インテリアカラー:ガーネット】レクサス GS 300h F SPORT/走行イメージ2【インテリアカラー:ガーネット】

では、さっそく走りに話を移そう。

動き出してすぐに感じるのは、相変わらずの滑らかさだ。エンジンとモーターの切り替えはスムーズで、ドライバーに無駄な気遣いをさせない。それに欲しいところでの加速も得られる。中間加速ではアクセルに対し一拍おくこともなく、トルクを発生させる。場面によってはスポーティな顔を見せるのも好印象だ。

だが、進化した新型ISと比べると、正直ハンドリングはもっとクイックでもいいような気がした。久しぶりに乗ったせいかもしれないが、デビュー当初のインパクトがない。確かにGSからISデビューまでは一年以上空いている。その間にLSも出たことだし、激しく進化してきたと考えても不思議はない。そこに多少の差が生じることは否めないのか。

とはいえ実用的なハイブリッドとしては一級品。その価値は十二分にある。

レクサス GS 300h F SPORT/エクステリア【ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン】

プライスリストを眺めていて目についたのは、600万円を切ったタグがGS250とそれほど差がないこと。レクサスの商品企画はかなりがんばったに違いない。

とにかく、LSとは異なるスポーツサルーンならではのスタイリングがGSシリーズのウリで、そこに走行性能を満たしたリーズナブルなハイブリッドモデルが追加されたのだから買い物リストに入る勝算はある。スマッシュヒットの気配は十分だ。

この他の特徴は、今度のタイミングで全車フォグランプをLEDに変更したことなどが挙げられる。スピンドルグリルもこれでさらに精悍になった。完成形といってもいいかもしれない。また、インテリアの造詣もスポーティでいい。太いセンターコンソールがレーシーな雰囲気を醸し出す。ダッシュボードを含めこの辺はLFAに通じるデザインが施される。

レクサス GS 300h F SPORTと九島辰也さん

もちろん、快適性にもこだわるのがレクサス。そこは“レクサス•クライメイトコンシェルジュ”を標準装備するなど新たな対応がなされた。オートエアコン、シートヒーター、シートベンチレーションを総合的に制御し、キャビンの快適性を保つと同時に省燃費効果にも役立たせている。彼ららしいアイデアのシステムである。

「かゆいところに手が届く」、そんな日本人的発想がレクサスの歩む道ではないだろうか。

ユーザーの試乗レポートもチェックしてみよう!

カーソムリエ検定に合格した、知識や経験が豊富な一般ユーザー「カーソムリエ」たちによって書かれた試乗レポートも併せてチェック!

カーソムリエレポート:「レクサス GS」の試乗レポート・評価

【※カーソムリエってナニ?】

会員登録のうえ「カーソムリエ検定」に合格すれば、「カーソムリエ」の資格が認定されます。カーソムリエ検定は、自動車に関する様々な知識を問うクイズ形式の検定試験です。お使いのスマートフォンもしくはパソコンから、1回5~10分程度で受検することができ、何度でも挑戦できます。アナタもまずはチャレンジ!

カーソムリエ検定試験へGO!

筆者: 九島 辰也

レクサス GSハイブリッド 関連ページ

レクサス GS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス GSハイブリッド の関連記事

レクサス GSハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス GSハイブリッド の関連記事をもっと見る

レクサス GSハイブリッド の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円