autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】レクサス GS300h 試乗レポート/九島辰也

試乗レポート 2014/3/31 13:04

【試乗】レクサス GS300h 試乗レポート/九島辰也(1/2)

【試乗】レクサス GS300h 試乗レポート/九島辰也

GSシリーズ、2車種目のハイブリッドモデルはクラストップの低燃費を叩き出す

レクサス GS 300h F SPORT/エクステリア・ライトオン【ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン】レクサス GS 300h F SPORT/GS300hエンブレム 【ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン】

新世代に入ったレクサスもかなり浸透してきたのか、このところラインナップの充実が図られている。この「GS300h」もその1台。昨年10月、最初に改革をおこしたGSシリーズに2つ目のハイブリッドモデルが追加された。

「2つ目」としたのは、これまで通り「GS450h」も存在するからだ。こいつは「LS450h」同様にプレミアムハイブリッドカーの先駆け的存在。いまも多くのファンから支持を得ている。

では、GS300hとGS450hの違いについてだが、GS450hは3.5リッターV6エンジンをベースとする。そして、そこにモーターを付け4.5リッターV8並みのパワーを発揮する意味でその名が付けられた。

それに対してGS300hは、2.5リッター直4ツインカムエンジンをベースとする。つまり、さらにパワーソースをダウンサイジングしたわけだ。モーターと合わせ、パワーは3リッターV6エンジン並であるために「300h」の名が付いたと推測できる。

GS300hのハイブリッドシステムは新型ISハイブリッドと共有

レクサス GS 300h F SPORT/エンジンルーム【インテリアカラー:ガーネット】

ちなみに、この2.5リッター直4エンジンは「GS250」のエンジンとは別モノ。ボア&ストロークが異なればパワーも違うし、圧縮比も違う。それにあちらはプレミアムガソリン対応であり、こちらはレギュラーガソリン車となる。

そんなことからもわかるように、GS300hはより手に入りやすいハイブリッドモデルとなる。つまり、価格的にもより身近になった。ユーザーサイドには嬉しい追加モデルであると言える。GSの車格でランニングコストを含め、よりバリューあるモデルとなれば興味津々だ。JC08モード走行燃費23.2km/Lはやはり魅力的で、クラストップレベルという謳い文句もうなずける。

さて、その中身だが、ひとことで言えば、ハイブリッドシステムは先にリリースされた「IS300h」と共有する。直4エンジン+モーターのパワーソースはまさにそれだ。エンジンの最高出力は178psでモーターは143psを発揮する。

レクサス GS 300h F SPORT/フロントエクステリア【ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン】レクサス GS 300h F SPORT/リアエクステリア【ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン】レクサス GS 300h F SPORT/エクステリア(前)【ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン】レクサス GS 300h F SPORT/エクステリア(後)【ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン】レクサス GS 300h F SPORT/サイドエクステリア【ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン】

レクサス GSハイブリッド 関連ページ

レクサス GS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス GSハイブリッド の関連記事

レクサス GSハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス GSハイブリッド の関連記事をもっと見る

レクサス GSハイブリッド の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円