autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス 新型GS 試乗レポート/金子浩久 2ページ目

試乗レポート 2011/11/24 01:20

レクサス 新型GS 試乗レポート/金子浩久(2/2)

関連: レクサス GS Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
レクサス 新型GS 試乗レポート/金子浩久

適度にスポーティだが総じて控えめで真面目な印象を受ける

2.5リッターV6エンジンを搭載するものに始まり、3.5リッターV6、3.5リッターV6+ハイブリッドの3バリエーションが基本を成し、そこにF SPORTや4輪駆動モデルなどのバリエーションが加わり、他にもオプションや装備の違いから、多くのモデルが用意されていた。

FSWにてレクサス 新型GSを試乗する金子氏

富士スピードウェイのレーシングコースや安全運転教習コース、敷地内の道路などを走った印象は、トヨタの目指した“強い個性”とやらにはほど遠く、控えめでマジメなものだった。

快適性が高く、クラウンなどと較べれば適度にスポーティで、一体感もある。総じて、ISの延長線上にある印象が強い。

今回のモデルチェンジの目玉技術のひとつであるLDH(Lexus Dynamic Handling System)も、その効能を確かめることができた。

LDHとは、可変レシオと後輪の同位相もしくは逆位相にステアすることによって、機敏なコーナリングと安全性を両立しようとしたものだ。後輪ステアの技術はクルマに搭載される電子制御技術が進化した後に必ずといっていいほど試みられるもののひとつで、これまでにも各社さまざまなトライを行ってきている。

レクサス 新型GSレクサス 新型GS

今回のGSでの採用は、車両安定性制御デバイスなどとの連携性が高められている。テストコースでのダブルレーンチェンジなどもボディの大きさを感じさせない軽快感を実現し、VSCなどとの連携によって安全性の向上にも寄与していることは間違いないだろう。

しかし、である。この画期的かつ、次期GSの安全性と動力性能の根幹をなすLDHは全モデルに装備されないのである。装備されるのは、3.5 F SPORTとHV F SPORTに標準装備されるだけなのだ。素晴らしい装備なのに、3.5とHVのF SPORT以外のグレード、2.5のすべてのグレードには付けたくても装備されないのだ。

動力性能やスポーティ性能などがモデルによる装備によって異なってくるのは仕方のないことだ。だが、少なくとも、GSというクルマを購入した人の安全性に、グレードによって最初から差があっていいものなのだろうか。

「兎に角、装備の過不足で云々されないクルマ」と、さっき決意を表明したばかりではなかったのか。安全に関する重要な装備がグレードによって装着されていたり、いなかったりするという姿勢には納得がいかなかった。

今日の結論として、限られた場所での試乗では、次期GSプロトタイプからはトヨタが標榜しているほどの強い個性は感じることはできなかった。LSとISの中間にあって、少しスポーティな大型4ドアセダンというキャラクターは現行GSそのもので、エクステリアとインテリアデザインは逆に個性が薄れたと感じた。

さまざまな改良が加えられたハイブリッド版の印象も確実に進化したものだったが、市販版を公道で試して燃費を確かめてみたい。

早く、市販版に乗ってみたいものだ。

レクサス 新型GSレクサス 新型GSレクサス 新型GSレクサス 新型GSレクサス 新型GS
筆者: 金子 浩久

レクサス GS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス GS の関連記事

レクサス GSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス GS の関連記事をもっと見る

レクサス GS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円