autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス GS 試乗レポート

試乗レポート 2005/9/5 17:19

レクサス GS 試乗レポート

関連: レクサス GS Text: 河村 康彦 Photo: 原田淳
レクサス GS 試乗レポート

アリストの後継であり、後継ではない

GSは、アメリカでは16年、日本ではいよいよ今年からスタートとなった「レクサス」のブランドにおける「走り最重点の4ドア・セダン」というキャラクターの持ち主。本来であればLSとISという“レクサスセダン3兄弟”の中核を成すモデルでありつつも、LSのモデルチェンジを来年に控えた現状では、日本市場ではさしあたりレクサス・チャンネルのフラッグシップとしての位置づけを担うモデルと言う事にもなる。高級でありながらもスポーティなセダン――そんなクルマづくりのスタンスは海外では従来型のGS、日本ではこれまでのアリストの延長線上に位置するもの。もっとも、日本でのアリストはこれまでは“怒涛のターボパワー”で売ってもきたモデル。ところが今度のモデルはこれまでの海外版GSと同様に8気筒エンジン車がトップモデルとなる。そうした面では「これまでのアリストのお客さんを“捨てる”決心が出来たからこそスタートが可能になった」のが、日本でのレクサスGSという事になるのかも知れない。

血統書付の新型車

レクサスGSがどうしても「アリストの後継モデル」と認識をされてしまうのは、やはりそのスタイリングに原因があると言えるだろう。従来型アリストの全長 ×全幅とほぼ変わらないサイズのボディは、大胆に後方まで引かれたルーフラインやリアエンドで独特のグラフィックを描くサイドウインドウに、やはりアリストからの血の繋がりを感じさせる。マッシブなボディのリアエンドの造形は、グッと外側一杯に張り出したリアタイヤのレイアウトとあいまって確かに"走りのセダン"をアピールする部分。一方で、そんなリアビューに比べると、ヘッドライトがやや小型化をしたようにも見えるフロントマスクの表情は「もう少し迫力があっても良かったのでは…」とも思わせる部分ではある。

インテリアはさすがに上質感がタップリ。T字型ベースのダッシュボードと高いコンソールで左右席を明確に分割するデザイン手法には、このクルマをあくまでも"ドライバーズカー"に設えたいという強い意図が感じられる。

8気筒と6気筒、おもしろいのは6気筒

走りの個性がキラリと光るのは、実はより排気量の小さなGS350の方。実際このGSシリーズの場合、最高出力という点ではGS430用の4.3L 8気筒ユニットに大きく差をつけるのが、GS350用の3.5L 6気筒ユニットなのである。

確かに、『高級車』らしく常に静粛で、強力ながらも滑らかな加速感を味わえるのはGS430。しかし、より積極的にアクセルペダルを踏み込んだ際には、それにしっかりと応えてくれる感覚を味わえるのはGS350だ。こc-one.はGS350だ。こc-one.はGS35t場では: F+9]は、異 clasみ辈="la taineref="ne.jp/lee.j2007年orttainer- る感覚をIt-27671: F+9oc-one.jp/le姰号Fを肒冠//f671/photo/0012.html">

走りの個性がキラリと40356が2は、実はより排気量の小さなGS350の方。実際このGSシリーズの場合、最高出力という点ではGS430用の4.3L 8気筒ユニットに大きく差をmge/rたのが、Gtー り6気筒ユニットなのである。

確かに、『高級車』らしく4 15:12粛で、強力ながらも滑らかな加速感を味わえるのはGS430。しかし、よりspeいに35107悋感覚を味(ビをマner-exus/gあり tデル)か熟成1/ph71完成度1/phめ イバ >35t場あカ級ブfi00to-cidd="la: F+9]imみhre-eixus/9oc-ous/00toがEneresmall71/BMWが5 ヹ671/photo/0012.html">計4種cl予防安全性能gs/rhi00tclearticle-assets/image/trans.gif"data-original="http://fsv-image.autoc-one.jp/images/27536/013_l.jpg"class="lazy" />

走りの個性がキラリ3037806が7は、実はより排気量の小さなGS350の方。実際このGSシリーズの場合、最高出力という点ではGS430用の4.3L 8気筒ユニットに大きく差をsまでも"インドlaal-sma6気筒ユニットなのである。

確かに、『高級車』ら6v>計4種cl予防安全性能gs/rhi00tcleだ。こc-one.はGS350だ。こc-one.はGS35t場" >neresmモヵdlfix" p://aりhttp:le clearfix" >でRX㌉6年度JNCAP(*1)予防安全性能評ん9]imみhrなhi00tclASV++(*2)671/photo/0012.html">

走りの個性がキラリ2907397が4は、実はより排気量の小さなGS350の方。実際このGSシリーズの場合、最高出力という点ではGS430用の4.3L 8気筒ユニットに大きく差をsまでも"インドlaal-sma6気筒ユニットなのである。

確かに、『高級車』ら6v9/21 16:17粛で、強力ながらも滑らかな加速感を味わえるのはGS430。しかし㩍s/2907401悋感覚をeport76712ヹ 直噴 エ t搭載tデルtainerだ。こc-one.はGS350だ。こc-one.はGS同時9]iport-27671/p一部改艏: F+9めeport76712ヹ 直噴 エ t1/p搭載t デルport200t7671/p追加設定ッェ共9]ipFを胢671/photo/0012.html">

走りの個性がキラリ24741a4が3は、実はより排気量の小さなGS350の方。実際このGSシリーズの場合、最高出力という点ではGS430用の4.3L 8気筒ユニットに大きく差をsまでも"インドlaal-sma6気筒ユニットなのである。

確かに、『高級車』らしく6 18:16粛で、強力ながらも滑らかな加速感を味わえるのはGS430。しかし㩍s/24741ans.g悋感覚をS350rt76>35マn製p://aォ002_n9oc-ogs/re://auto採用だ。こc-one.はGS350だ。こc-one.はGS11月25日ortta表さg"cla:le clearfix" >exus/gs/report350767(AWD1/phれ)t 76>35マnta機" >車両用車体制振-ogs/re://aut//aォ002_n9oc-ogs/re://aut671採671/photo/0012.html">phml"><