autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 レクサス 新型GS 新型車解説 ~スピンドルグリルで新たなレクサスがスタート~

新型車解説 2012/1/26 12:45

レクサス 新型GS 新型車解説 ~スピンドルグリルで新たなレクサスがスタート~(1/2)

関連: レクサス GS Text: 松下 宏 Photo: 茂呂幸正
レクサス 新型GS 新型車解説 ~スピンドルグリルで新たなレクサスがスタート~

よりスポーティ志向を強めた新型「レクサスGS」がいよいよ登場!

レクサス 新型GS350 Fスポーツレクサス 新型GS350 Fスポーツ

レクサスGSがフルモデルチェンジを受け、2代目モデルへと進化した。

2005年に日本でレクサス店がスタートしたときに、最初にラインナップされたモデルがGSだった。その後、レクサス店は次々と車種バリエーションを増やしてきたが、今回の新型GSからレクサスが2巡目に入ることになる。

GSの名称は、これまでは「グランドセダン」の略とされてきたが、今回は「グランドツーリングセダン」の略とされ、よりスポーツ性を高めたのがポイントとなる。

感性に響く楽しい走りへのチャレンジ、というのが新型GSにおけるクルマ作りのテーマ。ボディサイズは従来のモデルとほとんど変わらない。

新型GSの全長やホイールベースは従来と同様で、全幅と全高をやや拡大している。それでいながら、室内空間は後席を中心に拡大され、大人4人が快適に長距離移動できる空間が作られた。

迫力あるフェイス「スピンドルグリル」が最大の特徴!

レクサス 新型GS350 Fスポーツ

新型GSの外観デザインは、フロントのスピンドルグリルが大きな特徴。

レクサスの伝統である逆台形のグリルにハの字に開いた台形のロアグリルを組み合わせることで、スピンドル形状とした。強い存在感を感じさせるグリルデザインである。

すでにCTにもスピンドルグリルの原型ともいえるグリルデザインが採用されているが、今後のレクサス車には、このグリルデザインを発展させながら採用していくという。

レクサス 新型GS350 Fスポーツレクサス 新型GS350 Fスポーツ

新型GSのリアビューは絞り込んだフェンダーと張り出したホイールアーチが踏ん張り感を表現しているほか、レクサスのアイデンティティであるL字型を強調したLEDリアコンビネーションランプが斬新な印象を与えている。

新型GSのインテリアでは、12.3インチという超ワイドな高精細液晶ディスプレイを採用した。視線移動の少ない、やや高めの位置に配置される。

これを生かしてインパネ全体もワイドにデザインされ、室内の広さが表現された。操作系にはマウス感覚の分かりやすさが特徴のリモートタッチを採用している。

ハイブリッドモデルの新型GS450hには、日本産の竹と本革を組み合わせたステアリングホイールを設定。竹を使ったステアリングは世界初で、自然素材のぬくもりや手触りの良さを感じさせるホイールだ。

ボディカラーは全部で11色、内装色はグレードによっても異なるが全部で6色が用意される。また、インテリアの加飾も5種類、シート表皮は4種類が設定され、さまさまなユーザーのニーズに対応させている。

レクサス 新型GS350 Fスポーツレクサス 新型GS350 Fスポーツレクサス 新型GS350 Fスポーツレクサス 新型GS350 Fスポーツレクサス 新型GS350 Fスポーツ
レクサス 新型GS450hレクサス 新型GS450hレクサス 新型GS450hレクサス 新型GS450hレクサス 新型GS450h

レクサス GS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス GS の関連記事

レクサス GSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス GS の関連記事をもっと見る

レクサス GS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円