autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス CT200h 試乗レポート/松下宏 2ページ目

試乗レポート 2011/1/31 14:12

レクサス CT200h 試乗レポート/松下宏(2/3)

レクサス CT200h 試乗レポート/松下宏

質感はレクサスらしくクオリティは高い

レクサス CT200h
レクサス CT200hレクサス CT200h

運転席に乗り込むと、適度にタイト感のある空間が作られている。

インパネ周りのデザインは表示系(上部)と操作系(下部)とが明確に分離されていて、カーナビの操作もセンターコンソールに設けられたリモートタッチスイッチを使う仕組みだ。

運転席周りの質感はレクサス車らしい高いクオリティで、特に本革シートを採用したバージョンLではそれを感じさせる。

反面、後席の空間はちょっと窮屈な印象を受ける。ホイールベースが、プリウスに比べて100mmも短いため、後席の居住空間には限界がある。

ラゲッジスペースは床面がやや高めだが、これはハイブリッド用のバッテリーを搭載した上にアンダーボックスも設置しているためだ。ラゲッジ容量自体はまずまずといえるだろう。

電池の状態が普通なら、発進はEV走行から始まる。CT200hは、ハイブリッド車らしく静かでスルスルと走り出す。

レクサス CT200h

前述の通り、CT200hには「スポーツ」「ノーマル」「ECO」の3種類の走行モードが設定されているが、どのモードを選んでも発進時はEV走行になる。

アクセルを踏み込んだり一定の距離を走るとエンジンが始動するのだが、このときの静かさやショックの無さはTHS-IIならではである。

3種類の走行モードは、センターコンソールのスイッチを操作して選択するが、ECOとノーマルを選ぶとスイッチやスピードメーターの周囲が青くなり、スポーツを選ぶとこれが赤く変わる。

この3種類のモードはそれぞれにメリハリが利いていて、走りの印象が大きく変わる。

特にスポーツを選ぶと、ハイブリッドシステムの電圧を上げて力強い加速を実現したり、あるいはステアリングの操舵力がグンと重くなったりするので、走りの違いが良く分かる。

今回の試乗では実際に確認するシーンはなかったが、VSCの制御も変更されるという。

レクサス CT200hレクサス CT200hレクサス CT200hレクサス CT200hレクサス CT200h

レクサス CT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス CT の関連記事

レクサス CTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス CT の関連記事をもっと見る

レクサス CT の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円