autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 “最上のくつろぎ”新ドリーム号が誕生!AKB48の横山由依さんも「フカフカの最上級!」と絶賛

新型車リリース速報 2017/3/2 19:30

“最上のくつろぎ”新ドリーム号が誕生!AKB48の横山由依さんも「フカフカの最上級!」と絶賛

Text: Photo: オートックワン編集部
“最上のくつろぎ”新ドリーム号が誕生!AKB48の横山由依さんも「フカフカの最上級!」と絶賛

JR高速バスのドリーム号に新型の“ドリーム ルリエ”がデビュー!

ジェイアールバス関東株式会社と西日本ジェイアールバス株式会社は、東京と大阪を結ぶ夜行高速バス「ドリーム号」の新たなラインナップを3月31日(金)から運行開始すると発表した。

新型夜行高速バスの名称は「DREAM Relier(ドリーム ルリエ)」。このRelier(ルリエ)という言葉は、フランス語で“結ぶ”“縁をつなぐ”という意味が込められている。

西日本ジェイアールバス株式会社 代表取締役社長の宇都宮 道夫氏によると、「新ドリーム号が都市と都市を結び、人と人の点を結ぶ。そして快適な空間で、お客様の“夢を結んで”頂きたい。そのような思いを込めてネーミングさせていただきました」と語る。

今回、新型車両を導入するにあたってはネーミングを公募し、およそ2,395件もの応募があったという。その中から新車両のイメージ、あるいは雰囲気などを併せて検討、さらに今回“ドリーム号アンバサダー”AKB48 横山由衣さんの意見も頂いた上で、このドリームルリエという名称に決定したとのこと。

発表会場に登場した横山由依さんは、この新名称について「ルリエは響きもとても上品で可愛くて、新しいドリーム号にはぴったりだと思いました。私の名前である“由衣”は、人と人を結ぶという由来で両親がつけてくれたので、ルリエの意味を知った時にどこか運命出来なものを感じました」と話す。

ドリーム ルリエの運行ダイヤについては、東京発、大阪発がそれぞれ1便の、1日計2便。 ダイヤ詳細については、以下の通り。

【東京発】ドリーム ルリエ1号

東京八重洲南口

23:10発

バスタ新宿(新宿駅)

23:50発

大阪駅JR高速バスターミナル

7:50着

【大阪発】ドリームルリエ2号

大阪駅JR高速バスターミナル

23:00発

バスタ新宿(新宿駅)

6:59着

東京駅日本橋口

7:24着

また、ドリーム ルリエの運賃については、以下の表をご参考まで。

区分

D

C

B

A

運用日

おもに平日

おもに土・日曜

おもに金曜・祝前日

GWなどの特定日

プレシャスクラス

(Precious Class)

普通運賃

(学割)

14,000円

(13,500円)

15,000円

(14,500円)

16,500円

(16,000円)

18,000円

(17,500円)

アドバンスクラス

(Advance Class)

普通運賃

(学割)

10,400円

(9,900円)

11,300円

(10,800円)

11,900円

(10,400円)

12,500円

(12,000円)

早売1

9,800円

-

-

-

JRバスのシンボルもイメージした外観デザイン

ドリーム ルリエの外観デザインは、これまでのプレミアムドリームやグランドリームを踏襲し、高品質感を出すためにパールホワイトを採用。

また、金色の筆記体を用いて上質感と優しさを表現している「Relier」の文字とともに、乗客の想いや願いを流星に見立て、JRバスのシンボルである“ツバメ”がともに並んで飛んでいるイメージを表現しているという。

ユーザーニーズに合わせて選べる2つのクラス

内装については、ニーズに合わせて2つのクラスが選択可能。

一つは2列シートエリア・4席の“プレシャスクラス”。このシートはプレミアムドリーム号のプレミアムシートが採用されており、足を伸ばして寝返りもうてるホテルのような最上級のシートになっている。

もう一つは、3列シートエリア・14席の“アドバンスクラス”。

このシートはグランドリーム号の新型クレイドルシート(“ゆりかご”のような快適シート)をベースに、リクライニング機能を向上させ快適性をアップしている。また、全席でシートピッチを1m以上確保し、ゆったりと快適に過ごすことが出来るという。さらに、全席に落ち着いた色調のパーテーションとカーテンを設置しているので、他の乗客に気兼ねなく休むことが出来る。

全席にタブレット端末としてiPad mini4が設置されており、インターネットや雑誌コンテンツの“dマガジン for Biz”、インターネットテレビの“AbemaTV”などのコンテンツを無料で楽しむことが出来る。

また、新型ならではとして安全装備も充実しており、衝突被害軽減ブレーキシステムや衝突防止補助システム、映像記録型ドライブレコーダー等、安全性を高める装置類を搭載している。

横山由衣さんがAKB48 研究生候補時代のドリーム号との思い出を語る

ドリームルリエ最大の特徴であるラグジュアリーな2タイプのシート。このシートに今回、アンバサダーを務める横山由衣さんが実際に着席体験した。

まず最初に、アドバンスクラスのクレイドルシートに座った横山さんは「フカフカです、フカフカですね!凄い!気持ちいいです」とゆりかごシートに包まれた感想を語った。

さらに、後席との仕切りカーテンを見て「私が昔、乗った時にはこれは無かったので。パーティーションは新しいなと思います」

そして、次にプレシャスクラスのプレミアムシートに座ると、「はぁ~!これはっ!フカフカの最上級!」と表情が輝く横山さん。

さらに、シートを後ろに倒すと「これなら寝返りも打てますね、シートもめちゃくちゃ広いです、ほんっとに上質で快適な空間ですね!自分のベッドよりも快適です。このまま寝れちゃうくらい」とプレミアムシートの快適さに驚きを隠せない様子だった。

実は、これまでもドリーム号を利用していたという横山さん。「(AKB48の)研究生になるオーディションを受けてから、研究生としてデビューするまでの間はドリーム号を使って京都駅八条口から出発して、東京駅に到着するという生活をしていました。金曜日の夜に乗って、土日にレッスンをして、日曜日の夜に帰って、学校に行ったりとかしていたので、ホントにドリーム号が無ければ私はいまここに居ないな、という気持ちです」と、ドリーム号に関するエピソードを披露。

また、ドリーム号に乗っていた時の当時の思い出について「窓から見える景色だとか、途中でパーキングエリアに寄ってくれるんですけれども、その時にちょっと外の空気を吸ってみたりとか、その時のことをすごく覚えています。東京とか関東に住んでいる他の候補生よりも、ダンスの振付けの時間が無いんじゃないのかと思ってたんですけど、バスが快適なおかげで音楽を聴きながら確認したり、車内でも良い時間を過ごさせていただきました」と語った。

ドリーム ルリエのチケット販売は明日、3月3日午前10時から。運行開始の3月31日分から、5月3日(水・祝)までの乗車分が一斉発売される。

チケットのインターネット予約、詳細については以下のスペシャルサイトにて。

http://www.jrbus-dreamgo.jp/relier/

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!