autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 公道も!サーキットも!性能バランスでパイロットスポーツカップ2を超える“ミシュラン パイロットスポーツ4 S”登場

新型車リリース速報 2017/2/20 20:30

公道も!サーキットも!性能バランスでパイロットスポーツカップ2を超える“ミシュラン パイロットスポーツ4 S”登場

Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン編集部
公道も!サーキットも!性能バランスでパイロットスポーツカップ2を超える“ミシュラン パイロットスポーツ4 S”登場

日本ミシュランタイヤ株式会社は、同社のハイスペックスポーツタイヤ“MICHELIN PILOT SPORT(ミシュラン パイロット スポーツ)”シリーズの新製品となる、“MICHELIN PILOT SPORT 4 S(ミシュラン パイロット スポーツ フォー エス)”を発売すると発表した。

発売日は2017年4月1日。対応サイズは19インチおよび20インチの計39サイズで、価格はオープン。

MICHELIN PILOT SPORT 4 S(ミシュラン パイロット スポーツ フォー エス)MICHELIN PILOT SPORT 4 S(ミシュラン パイロット スポーツ フォー エス)MICHELIN PILOT SPORT 4 S(ミシュラン パイロット スポーツ フォー エス)MICHELIN PILOT SPORT 4 S(ミシュラン パイロット スポーツ フォー エス)MICHELIN PILOT SPORT 4 S(ミシュラン パイロット スポーツ フォー エス)
日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長 ポール・ペリニオ氏
日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長 ポール・ペリニオ氏

同発表会に登壇した日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長のポール・ペリニオ氏は、パイロットスポーツシリーズについて、

「ミシュラン パイロットスポーツシリーズは、過酷なレースで鍛えられた技術とともに進化してきました。その証として、世界の名だたる自動車メーカーから最も新しい自動車メーカーまで、400車種を超える採用実績をいただいております。これはひとえに、全ての性能に妥協しないというミシュランの製品作りのポリシーである“MICHELIN Total Performance(ミシュラン トータルパフォーマンス)”があるからです」

と、同シリーズの優位性を語るとともに、PILOT SPORT 4 Sが発売される2017年は初代のパイロットスポーツが発売された1997年からちょうど20周年にあたり、記念すべき新製品でもあることを述べた。

日本ミシュランタイヤ株式会社 PC/LTタイヤ事業部 マーケティング部 ブランド戦略マネージャー 成瀬 朋伸氏

続いて登壇した日本ミシュランタイヤ株式会社 PC/LTタイヤ事業部 マーケティング部 ブランド戦略マネージャーの成瀬 朋伸氏により、PILOT SPORT 4 Sの詳細が説明された。

MICHELIN PILOT SPORT 4 S 発表会にて

まず、PILOT SPORT 4 Sの特徴と性能について、縦をウェットグリップ、横をドライグリップの性能軸で表して他のパイロットスポーツと比較した場合、画像のグラフのようなポジショニングとなる(右上がPILOT SPORT 4 S)。

パイロットスポーツシリーズにおいて、最もドライグリップの高い製品は右下のPILOT SPORT CUP2だが、同タイヤのメインはあくまでサーキット走行。公道走行については、サーキット走行後に履き替えたりせずに家まで帰れるといった類であり、雨の日も気を付ければ帰れます、といった程度のウェットグリップ性能という。

だが、PILOT SPORT 4 Sはメインは公道走行でありながら、週末や月1回、1シーズンにサーキットと楽しみたい時に対応出来る性能を有している。

サーキット走行が可能でありながら、ウェットグリップはタイヤラベリング制度で最も良い評価となる“a”を獲得しているPILOT SPORT 4 S。その理由について、成瀬氏は“2種類のトレッドパターン”と“2種類のコンパウンド”を挙げる。

MICHELIN PILOT SPORT 4 S 発表会にて

同氏によると、トレッドパターンについてはPILOT SPORT 4 Sはイン側にウェットに強い大きな横溝が入り、さらに4本の大きな縦溝で排水性に注力したトレッドパターンを採用。

対するアウト側は、コーナーを曲がる際にトラクションがしっかりとかかる様にブロック剛性が高められており、横溝も平行にすることでキャタピラのように前に掻くようなパターンが採用されている。

MICHELIN PILOT SPORT 4 S 発表会にて

そしてコンパウンドについてもトレッドパターンと同様に、イン側にはウェット向け、アウト側にはドライ向けと2種類のコンパウンドを採用。

イン側に関してはシリカの結合力を高めた新コンパウンドにより、雨で路面温度が下がった際もしっかりとグリップ。アウト側はシリカとカーボンブラックのハイブリッドコンパウンドを新たに開発、サーキットを走行した時にショルダー部分にストレスがかかっても踏ん張りが効く様にグリップを確保している。

この“2種類のトレッドパターン”“2種類のコンパウンド”により、広い接地面を得るとともに接地面圧が最適化され、結果として直線でも、コーナーでもしっかりと路面を捉えることが出来るとのこと。

さらに、前述した最高レベルのウェットグリップ性能により、濡れた路面でも安心してスポーツ走行することが可能になっているという。

MICHELIN PILOT SPORT 4 S 発表会にてロニー・クインタレッリ選手
ロニー・クインタレッリ選手とMICHELIN PILOT SPORT 4 SMICHELIN PILOT SPORT 4 S 発表会にてロニー・クインタレッリ選手

PILOT SPORT 4 Sの実力の高さを証明する一つとして、同発表会にPILOT SPORT 4 Sのアンバサダーとしてアメリカで行われた試乗会へ参加したロニー・クインタレッリ選手が登場。

PILOT SPORT 4 Sの第一印象について「すごく乗り心地が良かった」と話し、その後のサーキット走行においては「限界走行でのバランスが凄くいい。今回のコースはフロントタイヤに厳しくて、普通のタイヤで10周連続で走ると5~6周目からフロントのグリップがとにかく落ちてきて乗り辛くなるけど、パイロットスポーツ4Sはずっとグリップが落ちない」と語った。

そして最後に「皆さん、機会があれば公道だけでなく、サーキット走行でこの素晴らしいパイロットスポーツ4Sをぜひ試して欲しいです」と締めくくったロニー選手。

MICHELIN PILOT SPORT 4 Sが純正採用されているメルセデス AMG E43

今回、PILOT SPORT 4 Sは発売と同時に“メルセデス AMG Eクラス E43”と“フェラーリ GTC4 ルッソ”の2車種に純正として採用される。さらに、この2車種以外にもすでに60以上ものタイヤ開発プロジェクトが進行中とのことだ。

筆者: オートックワン 編集部
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!