autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 綾瀬はるか教授が実演販売特別ゼミを開講 ~ブリヂストン2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会 ~

新型車リリース速報 2017/1/11 12:13

綾瀬はるか教授が実演販売特別ゼミを開講 ~ブリヂストン2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会 ~

Text: 内田 俊一 Photo: 内田俊一
綾瀬はるか教授が実演販売特別ゼミを開講 ~ブリヂストン2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会 ~

ブリヂストンは、低燃費タイヤ「ECOPIA」の新商品、「ECOPIA NH100シリーズ」を2月より発売すると発表。その会場にはあの綾瀬はるか“教授”も登壇し“ちゃんと買い”をアピールした。

“ちゃんと買い”!?

ブリヂストン 2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会に登場した、女優の綾瀬はるかさん
ブリヂストン 2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会

まずこの“ちゃんと買い”とは何か。新車を購入するとそのクルマの性能に合わせて開発された専用のタイヤが装着されてくる。これは、タイヤのブランド名は一般に売られているものと共通ながら、実はそれぞれクルマの特性に合わせ改良が加えられている。つまり、そのクルマに最も合ったタイヤが装着されているわけだ。その結果、クルマの性能を最大限発揮させることが出来る。

その一方、補修用タイヤ(量販店やガソリンスタンドなどで販売されているタイヤ)は、このような専用に開発されたタイヤではなく、それぞれタイヤメーカーが方向性を持たせながら、広く一般的に性能を発揮できるように作られている。

実は、ブリヂストンの調査によると、タイヤ交換時に、新車装着タイヤの性能と同程度かそれ以上の補修用タイヤを購入している率は4割程度しかなく、6割は新車装着タイヤよりも低い性能のタイヤを選んでいる可能性があるという結果が出ている。この点についてブリヂストンタイヤ執行役員消費財タイヤ事業統括本部長の檜垣徹氏は「タイヤにはそれぞれ様々な性能があり、もし選び方を間違うと思わぬデメリットが生じてしまう」と述べる。

ブリヂストン 2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会

クルマ本来の性能を発揮するためにはもともとクルマについていたタイヤ、すなわち新車装着タイヤの性能基準に合わせて選ぶことが大切。そこで、ブリヂストンはこれを”ちゃんと買い”という言葉で伝えており、もし新車装着タイヤより性能の低いタイヤを選ぶとクルマ本来の性能が発揮できなくなってしまうことを注意喚起。檜垣氏は、「ブリヂストンではECOPIA以上を選ぶことでクルマ本来の性能を発揮することが出来る。さらに当社ではより乗り心地に特化したREGNOや、疲れにくいPlayzなど様々なユーザーの要望に応えるべく性能に特徴を持たせたタイヤも用意している」とコメントした。

綾瀬はるか教授の講義

ブリヂストン 2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会に登場した、女優の綾瀬はるかさん
ブリヂストン 2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会に登場した、女優の綾瀬はるかさんブリヂストン 2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会に登場した、女優の綾瀬はるかさん

今回の記者発表会ではタイトルにもあるように、ブリヂストンのCMでおなじみの女優綾瀬はるかさんもECOPIA NH100のCMと同じ白衣と眼鏡で登場。その衣装について、「初めて着た時よりもすごく馴染んできた気がする」と少し照れながら述べる。また、MCの女性より、CMの撮影中に大変だったことは何かと聞かれ、「眼鏡がずり落ちちゃうシーンで、てぐすをつけて最初はスタッフが引っ張ってくれていたが、タイミングが合わなくて、途中から自分で下に引っ張ったのだが、そのずれ落ちる加減が難しかった」と語る。

また、展示会などの実演販売士、ナックル井上さんとともに店頭商談実演も行われた。タイヤ交換初心者の綾瀬さんに対し、井上さんは「タイヤ交換をする時に何を基準に選んでいいかわからない。そこで新車装着タイヤを基準に“ちゃんと買い”するという習慣を皆に付けてもらえるように意識して話した」と述べ、綾瀬さんは最終的にREGNOを購入するシーンで終了となった。

最後に今日のまとめとして、「タイヤはちゃんと買い。私はちゃんと○○」というお題目の新年の抱負を聞かれ、綾瀬さんは、「タイヤはちゃんと買い。私はちゃんと楽しく潔く。その心は、何事も日々楽しもうという気持ちを持って取り組もうということと、潔さも大事かなということで選んだ」と笑顔で述べた。

新車装着タイヤと同レベルのECOPIA NH100

ブリヂストン 2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会
ブリヂストン 2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会ブリヂストン 2017年夏タイヤ新ラインアップ発表会

今回新たに投入されたECOPIA NH100について檜垣氏は、「特に近年はタイヤに対し様々な性能を向上しつつ、更に高い低燃費性能が求められるようになってきている。従って、補修用タイヤについてもクルマや新車装着タイヤのトレンドを踏まえながら、開発しなければならない。特に低燃費性能は、今回発売するNH100でも従来品に比べ大きく向上させた」と話す。

因みにこの“NH”とは、ニューハーモニーの頭文字を取ったもので、「新たなレベルで高い調和がとれた性能であることを意味している」と檜垣氏は説明した。

このECOPIA NH100の商品コンセプトは、初期性能で新車用タイヤ性能同等以上を有し、使用過程においても性能低下を抑制する車種別設計低燃費タイヤだ。そして、その特徴は低燃費性能と耐久性の両立と、ウェット性能が長持ち(性能低下抑制技術搭載)である。商品ラインナップは、セダン21サイズ、ミニバン19サイズ、軽コンパクト27サイズの計67サイズが用意される。

また、技術的にはウェット性能と摩耗性能向上を可能とするため、リブ基調パターン 、V字サイプ、T字サイプ、チャンファリング、ラウンドリブエッジ等を採用。そのうえで、ミニバン向け、軽コンパクト向けそれぞれに相応しい改良を加えている。

更に前記2つの性能に加え低燃費を高次元で実現するため、2種類のポリマーを組み合わせた、効きが長持ちする新配合のゴム、“エコ効きもちゴム”を採用。またトレッドゴムの剛性を最適化する“剛性コントロールシート”を採用することで、高い耐摩耗性性能を実現している。

[Text/Photo:内田俊一]

筆者: 内田 俊一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!