autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 圧倒的な高音質「ハイレゾ音源」に対応するJVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会レポート

新型車リリース速報 2015/2/4 18:55

圧倒的な高音質「ハイレゾ音源」に対応するJVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会レポート

Text: Photo: オートックワン編集部・JVCケンウッド レポート:オートックワン編集部
圧倒的な高音質「ハイレゾ音源」に対応するJVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会レポート

専用フィットの8インチ画面やドラレコ対応など、ニュースも豊富なKENWOODの2015年モデル

業界初 高音質「ハイレゾ音源」対応 JVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会[2015/02/04 JVCケンウッド本社]

カーナビに、CDを超える高音質が載る!

JVCケンウッドは2015年2月4日、「KENWOOD(ケンウッド)」ブランドのAVナビゲーションシステム 2015年モデルを発表した。目玉は、業界初採用となる高音質「ハイレゾ音源」再生に対応した彩速ナビのハイエンドモデル「Type Z」シリーズ。さらに車種別専用フィッティング可能な初の8インチワイド画面搭載モデルや、専用ドライブレコーダーとの連携機能など、話題豊富なニューモデルとなった。

業界初 高音質「ハイレゾ音源」対応 JVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会[2015/02/04 JVCケンウッド本社]業界初 高音質「ハイレゾ音源」対応 JVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会[2015/02/04 JVCケンウッド本社]業界初 高音質「ハイレゾ音源」対応 JVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会[2015/02/04 JVCケンウッド本社]業界初 高音質「ハイレゾ音源」対応 JVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会[2015/02/04 JVCケンウッド本社]業界初 高音質「ハイレゾ音源」対応 JVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会[2015/02/04 JVCケンウッド本社]

「音楽のプロ」JVCケンウッドグループの強みを最大限生かす

業界初 高音質「ハイレゾ音源」対応 JVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会[2015/02/04 JVCケンウッド本社]

車載用市販ナビゲーションシステムとして初めて搭載される「ハイレゾ音源」(192kHz/24bit)搭載にあたり、JVCケンウッドではグループの強みを最大限生かした。そもそもホームオーディオの世界ではシステムコンポからヘッドホンなどの商品化を既に展開。さらにハイレゾ音源の配信サイト「HD-Music.」を運営するなど、初期よりハイレゾ音源のハード・ソフト両面からの普及を促進してきた経緯がある。これらJVCケンウッドの持つ音響技術を集結させ、彩速ナビ「Type Z」シリーズは誕生した。

発表会ではビクターエンターテインメントの秋元 秀之 ビクタースタジオ長が登壇した。秋元氏は「昨今の住宅事情を考えると、クルマの車内はハイレゾ音源を楽しむ環境としてベストマッチだ」と、ハイレゾ音源対応の彩速ナビ「Type Z」シリーズの魅力をアピールする。

老舗音楽スタジオから、ミュージシャンの息遣いまでそのまま「産地直送」!

業界初 高音質「ハイレゾ音源」対応 JVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会[2015/02/04 JVCケンウッド本社]業界初 高音質「ハイレゾ音源」対応 JVCケンウッド ”彩速ナビ”2015年モデル 発表会[2015/02/04 JVCケンウッド本社]

音楽ファンなら一度は聞いた事があるはずの、東京・青山にある老舗音楽スタジオ「ビクタースタジオ」。ビクターの名は冠しているが、レーベルの垣根を超え広く展開され、録音スタジオのほか、音楽・映像のオーサリングやマスター音源のアーカイブ、さらには「HD-Music.」の運営も行うなど、日本における音楽制作シーンの最先端を行く集団だ。

もともとCDは、録音スタジオで製作されたマスター音源をギュっと圧縮し、小さなディスクに収めている。さらに最近では、CDをさらに圧縮されたMP3音源などが普及し、携帯音楽プレーヤーからカーオーディオに至るまで広く楽しまれる現状がある。そうして簡易的に楽しめる良さがあるいっぽうで、創り手の想いやミュージシャンたちの息遣いまでを生々しく伝えるマスター音源を、まるで「産地直送」のごとくユーザーへ直接届ける「HD-Music.」の仕組みが、老舗スタジオから生まれたことの意義は大きい。

と、これ以上文字だけでお伝えするのは不可能だ。ぜひ店頭で、ハイレゾ音源の圧倒的な高音質を体感することをオススメする。

[Photo&レポート:オートックワン編集部]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!