autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 あの“ミスターGT-R”水野和敏氏が台湾の自動車メーカー 副社長へ!「華創日本株式会社」発足発表会レポート

新型車リリース速報 2014/12/15 14:08

あの“ミスターGT-R”水野和敏氏が台湾の自動車メーカー 副社長へ!「華創日本株式会社」発足発表会レポート

Text:
あの“ミスターGT-R”水野和敏氏が台湾の自動車メーカー 副社長へ!「華創日本株式会社」発足発表会レポート

水野氏が台湾の自動車メーカーへ!その意図とは!?

2014年12月12日、東京・品川のTKPガーデンシティ品川において「華創日本株式会社」の発足発表会が開かれた。

この華創日本(かそうにほん)株式会社の代表取締役・最高執行責任者(COO)に、あの“ミスターGT-R”と呼ばれGT-Rの開発責任者を務めた「水野和敏」氏が就任したというのだから驚きだ。

華創日本株式会社は、台湾の「HAITEC(ハイテック)」と呼ばれる自動車技術開発会社の日本部門「HAITEC JAPAN」の開発窓口として設立された。HAITECとは「ITと自動車の結合」を目的とした会社で設立は2005年。

「htc」や「ASUS」「acer」などの台湾のIT系企業と「裕隆グループ」など自動車系企業の両面から出資を受けている。なお、水野氏はHAITECの車両開発担当 副社長にも就いている。

華創日本株式会社 最高執行責任者・華創車電 車両開発担当副社長 水野和敏氏
華創日本株式会社 発足説明会にて華創日本株式会社 最高執行責任者・華創車電 車両開発担当副社長 水野和敏氏

なぜ、水野氏は台湾の会社の取締役へ就任したのか。それについて、水野氏は「“日本・台湾圏”という、車両開発における新たな『アジア圏』を構築したい」とする。

同氏によると、世界における車両開発の現状はこれまでの単一国家毎の開発から変化の時代を迎えているという。例えば、高度な先進技術を持つ西ヨーロッパと質が高く人的資源の豊富な東ヨーロッパから成る「ヨーロッパ圏」や、業界を超えた技術と強い製造基盤を持つデトロイトと北米並の人的資源とコストの安いインフラのメキシコによる「アメリカ開発圏」など、国を超えた「開発圏」が成り立っていると説明。

そして、ヨーロッパやアメリカに国という枠組みを超えた強力な開発圏が構築されるなか、アジアは未だそのような開発圏は構築されていないものの、日本では高度で先進的な技術やおもてなしなど接客サービスについて高いノウハウを持ち、台湾は世界トップレベルと呼べる質の高いIT人的資源に加えて、これからITと車の融合を図ろうとしている。

水野氏はそこに日本と台湾の可能性を見出したといい、日本と台湾の「アジア圏」が構築されれば、ヨーロッパやアメリカを超える開発圏が誕生すると語る。

さらに、同氏はPCと携帯が融合したマルチな「スマートフォン」が生まれたことで、マーケットに様々な要求が生まれてIT業界に激変をもたらしたように、車についてもセダンとSUVが融合(マルチ機能化)したクロスオーバーが生まれたことで今後、メーカー側の言い訳が通用しない「熾烈な競争が始まる」と警笛を鳴らす。

華創日本株式会社 最高執行責任者・華創車電 車両開発担当副社長 水野和敏氏
華創車電 社長・華創日本CEO 李 俊忠氏

多機能化により、言い訳の通用しないスマートフォン業界。日本においても、これまでの商品の変革と日本を飛び出して「圏」としての開発体制を整えなければ、ヨーロッパやアメリカにどう対抗していくのかというなかで、同氏は日本の自動車産業は厳しい側面を迎えるだろう、と話す。

そして、その一つのケーススタディとして実践するために、水野氏はHAITECとともに歩んでいく道を決めたという。

今後の具体的なロードマップは未だこれからとのことで、水野氏による「日本・台湾圏」という新たなアジア圏が構築できるか、その動向が注目される。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!