autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 国内自動車メーカー8社が手を組み、欧州エンジン開発技術に対抗!~AICE(自動車用内燃機関技術研究組合)設立~

新型車リリース速報 2014/5/19 20:42

国内自動車メーカー8社が手を組み、欧州エンジン開発技術に対抗!~AICE(自動車用内燃機関技術研究組合)設立~

Text:
国内自動車メーカー8社が手を組み、欧州エンジン開発技術に対抗!~AICE(自動車用内燃機関技術研究組合)設立~

内燃機関の性能向上技術における「基礎・応用研究」において連携

最先端の技術開発でしのぎを削る日本国内の自動車メーカー8社が、内燃機関の技術開発において手を組んだ!

2014年4月1日、「自動車用内燃機関技術研究組合」(AICE[アイス]:Reseach Association of Automobile Internal Combustion Engines)が設立された。参加するのはトヨタ、日産、ホンダ、三菱、マツダ、スバル、スズキ、ダイハツの自動車メーカー8社と、一般財団法人 日本自動車研究所(JARI)だ。

自動車メーカーが技術開発において手を組む、といっても、自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)が取り組むのは、内燃機関(ガソリン及びディーゼルエンジン)の性能向上技術における「基礎・応用研究」の分野だ。

内燃機関の時代はまだまだ続く!

自動車用内燃機関技術研究組合(AICE:アイス)設立説明会・記者会見[2014/05/19]
自動車用内燃機関技術研究組合(AICE:アイス)設立説明会・記者会見[2014/05/19]

EV(電気自動車)やFCV(燃料電池自動車)など、次世代の自動車技術開発が格段に進んでいるが、しかし現実的には、内燃機関の時代もまだ数十年に渡り続く。

そればかりか、世界各国ではさらに低燃費・低排出ガス規制の厳しさが加速している。さらに次世代へのつなぎ役としてのハイブリッド・プラグインハイブリッド技術への適合など、内燃機関自体も、従来とは比べ物にならない高度で複雑、かつ多様な技術開発が求められている状況だ。

自動車用内燃機関技術研究組合(AICE:アイス)設立説明会・記者会見[2014/05/19]

そんな中、例えば欧州では大学や研究機関などと連携し、こうした技術開発の研究が多岐に渡り行われている。特に基礎技術から標準化といった部分については、メーカーの壁を越えた水平分業のスタイルが採られ効率化が図ることで、欧州メーカーは浮いたリソース(開発資源)を元に独自技術の開発や、時代が求める多様化へ対応している。

より効率的な研究・開発を重ね、世界のライバルに打ち勝つ!

自動車用内燃機関技術研究組合(AICE:アイス)設立説明会・記者会見[2014/05/19]

いっぽう日本では欧州に比べ研究機関が少なく、しかも各メーカー毎にそれぞれの技術開発力で切り抜けてきた状況がある。とはいえ、限りあるリソースを効率良く配分しなければ、激化する世界市場での競争に打ち勝つことは出来ない。そこで誕生したのが、今回発表されたAICEの取り組みというワケだ。

AICEの大津 啓司 理事長(本田技術研究所 常務執行役員)は会見で『欧州に対し、日本も技術力では負けてはいないという自負はあるが、効率化という面では遅れをとっていた』と話す。欧州流に産学官が手を組み、内燃機関の基礎技術を強化。さらにこの取り組みを続けることで、日本における技術者の人材育成を図っていく。

なお現時点では、1.ディーゼル後処理技術の高度化研究、2.自動車用内燃機関の燃焼技術の高度化研究、3.エンジン性能調査の3つがAICEの研究事業対象となっている。

大津 AICE 理事長は『各メーカーでやはり同じ危機感をもっていた。しかし今回のAICEの取り組みを通じて、技術開発力が加速していく条件が揃った』と胸を張った。

自動車用内燃機関技術研究組合(AICE:アイス)設立説明会・記者会見[2014/05/19]自動車用内燃機関技術研究組合(AICE:アイス)設立説明会・記者会見[2014/05/19]自動車用内燃機関技術研究組合(AICE:アイス)設立説明会・記者会見[2014/05/19]自動車用内燃機関技術研究組合(AICE:アイス)設立説明会・記者会見[2014/05/19]自動車用内燃機関技術研究組合(AICE:アイス)設立説明会・記者会見[2014/05/19]
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!