autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レンジローバー イヴォーク 海外試乗レポート/河村康彦 3ページ目

試乗レポート 2011/9/23 00:45

レンジローバー イヴォーク 海外試乗レポート/河村康彦(3/3)

関連: ランドローバー レンジローバーイヴォーク Text: 河村 康彦 Photo: ジャガー&ランドローバー・ジャパン
レンジローバー イヴォーク 海外試乗レポート/河村康彦

「さすがは生粋のオフロード・メーカー」と納得出来る機能を満載!

レンジローバー イヴォークレンジローバー イヴォーク

ところで、このブランドが行う試乗会では恒例の事ながら、今回もそのテストルートの中には本格的なオフロード走行のプログラムも盛り込まれていた。パワーパックが横置きのFWDベースで、しかも前後アクスルへのエンジントルク・スプリット機構が『ハルデックス・クラッチ』によるいわゆる“スタンバイ方式”と耳にすれば、その踏破能力に不安を抱く人の気持ちも分からないではない。

しかし、結論からすればこのモデルはそうした人々の気持ちをあざ笑うかのよう(?)に、低ミュー路面での急坂発進といったシーンでも殆ど前輪の空転など起こさない、いかにも「オフロード屋の4WD」といった印象での走りのポテンシャルを証明してくれた。

もちろん現実には、イヴォークのオフロード踏破能力は“砂漠のロールスロイス”なる異名をとる『ヴォーグ』や、やはりエアサスペンションを採用する『スポーツ』ほどには高くないと推測が付く。

レンジローバー イヴォークレンジローバー イヴォーク

しかしそれでも、対障害角の大きさや渡河能力の高さを意識したボディ・デザインを採り、各種路面に対応した統合コントロール・プログラム“テレイン・レスポンス”を兄貴分同様に採用し、急な降坂をABS機能を応用して安全に下るための“ヒル・ディセントコントロール”も装備をするなど、「さすがは生粋のオフロード・メーカー」と納得出来る機能を満載。

結果として、日常シーンではまず出会う可能性がないほどのオフロードにも余裕をもって対応出来る能力を携えていたのは間違いない。兄貴分たちほどのヘビーデューティ性は無いにしても、「やはりレンジローバーの走りだ」と納得の仕上がりなのである。

「ドアミラー本体が生み出してしまう死角が目障り」、あるいは「タッチ式のマルチメディア・コントローラーの使い勝手が今ひとつ」などと、小さな不満も皆無ではないイヴォークは、しかしショーの舞台からそのまま飛び出して来たかのようなルックスや、4.3m級の全長が大いに魅力的。

そして、これまではこのブランドのモデルを“雲の上の存在”と諦めていた人を振り返らせるに足るはずの予想プライスタグも大いに気になる、何とも日本上陸が待ち遠しい1台だ。

レンジローバー イヴォーク主要諸元(欧州モデルスペック)

■ボディサイズ:全長4355×全幅1605×全高1900(mm)■エンジン:1999cc 4気筒ターボ (240ps/340Nm)■トランスミッション:6速AT ■乗車定員:5名■最高速度:217km/h■0-100km/h加速:7.6秒■価格:400万円代後半予定(日本導入時の想定価格)

筆者: 河村 康彦

ランドローバー レンジローバーイヴォーク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事

ランドローバー レンジローバーイヴォークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22