autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レンジローバー・ディスカバリー4 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/11/15 10:50

レンジローバー・ディスカバリー4 試乗レポート(2/4)

レンジローバー・ディスカバリー4 試乗レポート

大幅に改良されたインテリアとエクステリア

ディスカバリー4
ディスカバリー4ディスカバリー4

2台は、デザインも改められた。特に、ディスカバリーの印象が大きく変わった。

フロントグリルが先代のバータイプから、レンジローバーのようなパンチングメタルのものに変わり、艶消し黒の樹脂製オーバーフェンダーがボディカラーと同じ色のものに変わった。

オーバーフェンダーはそれほど幅の広いものではないが、印象はずいぶん違う。艶消し黒だと、ラギッドな道具感を伴ったイメージだが、ボディと同じ色だと高級感のようなものが出てくる。好みの分かれるところだろう。

レンジローバーのインテリアで眼を惹くのは、メーターパネルだ。12インチのTFT液晶パネルを用いたバーチャルメーターパネルだから、“針”は存在しない。“針”のように動く画像がモニター上を動く。視認性の確保と、さまざまな情報を切り替えながら表示することができる。

ディスカバリー4
ディスカバリー4レンジローバー

同様に、ディスカバリーのインテリアも改められた。こちらのメーターパネルは“針のある”オーソドックスなタイプだが、速度計とエンジン回転計の間にある5インチの液晶インストゥルメントパネルディスプレイが見事だ。漆黒から明るいグレーまでのモノトーンを巧みに組み合わせて、いくつもの情報を表示している。

もともとディスカバリーやレンジローバー、さらにはレンジローバースポーツやフリーランダーなど、最近のランドローバーのインテリアはモダンでクールなものばかりだったが、今度のモデルチェンジではそれにさらに磨きが掛かった。

革やウッドなどイギリス車が伝統的に用いてきた素材を、アルミや樹脂などと組み合わせ、現代的に仕上げてある。イギリスの高級車というと、よく言えば古典的な、意地悪く言うと古臭ぁいインテリアに陥りがちだが、ランドローバーではそれは20世紀で終わった。

まるで、ロンドンの流行りのクラブやカフェ、レストランなどに居るような心地良さに溢れているのだ。

ランドローバー レンジローバー 関連ページ

ランドローバー ディスカバリー4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバー の関連記事

ランドローバー レンジローバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバー の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバー の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25