autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 老舗ブランドの新世代・都会派SUV/ランドローバー ディスカバリースポーツ[2016年モデル] 試乗レポート

試乗レポート 2016/3/7 18:47

老舗ブランドの新世代・都会派SUV/ランドローバー ディスカバリースポーツ[2016年モデル] 試乗レポート(1/5)

関連: ランドローバー ディスカバリースポーツ , ランドローバー ディスカバリー Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・ジャガーランドローバージャパン
老舗ブランドの新世代・都会派SUV/ランドローバー ディスカバリースポーツ[2016年モデル] 試乗レポート

歴史ある世界のSUVブランド「ランドローバー」

ランドローバー ディスカバリースポーツ 試乗レポート/渡辺陽一郎

最近は乗用車のプラットフォームを使ったSUVが人気を集めているが、本来は悪路を走破するクルマとして開発された。日本車であれば「トヨタ ランドクルーザー」が、悪路向けのSUVとして60年以上の歴史を持つが、海外ブランドでは「ランドローバー」が特にその名を知られている。

かつてイギリスを代表する自動車メーカーだったローバーが、第二次世界大戦の直後にオフロードSUVの「ランドローバー シリーズI」を開発。1970年には上級モデルの初代「レンジローバー」を加えて人気を高めた。

この後、ローバーグループのブランドは切り売りされ、ランドローバーは、今はジャガーと併せてタタ・モーターズの傘下に置かれる。

フリーランダー2の後継モデル「ディスカバリースポーツ」2016年モデルを試す

ランドローバー ディスカバリースポーツ 試乗レポート/渡辺陽一郎

現在のラインナップは、最上級の「レンジローバー」、「レンジローバースポーツ」、コンパクトな「レンジローバー イヴォーク」のレンジローバーシリーズ。そしてランドローバーとしては「ディスカバリー」(ディスカバリー4)、「ディスカバリースポーツ」、日本には現在輸入されていないが、本格オフロードモデルの「ディフェンダー」などがある。

今回はこの中から、設計が比較的新しい「ディスカバリースポーツ」を取り上げたい。発売は2014年10月で、フリーランダー2の後継車種に位置付けられる。

2016年モデルでさらに新機能も追加

ランドローバー ディスカバリースポーツ 試乗レポート/渡辺陽一郎ランドローバー ディスカバリースポーツ 試乗レポート/渡辺陽一郎

ディスカバリースポーツの2016年モデルでは、さまざまな路面状況において一定速度(時速1.8~30km)を保ちながら走行できる「オールテレイン・プログレス・コントロール・システム」、リアバンパーの下で足を動かすとテールゲートが電動で開く機能などが採用された。

外観は鋭角的で、ランドローバーとしては都会的に仕上げた。古典的とも言える「ディスカバリー(ディスカバリー4)」に比べると、世代の違いは明らかだ。

とはいえ、旧来のディスカバリーにも、SUVらしい堂々とした雰囲気、ボディの四隅がキッチリと見える優れた視界など、魅力的なところが多い。

[イヴォークとは何が違う!?・・・次ページへ続く]

ランドローバー ディスカバリースポーツ 関連ページ

ランドローバー ディスカバリー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連記事

ランドローバー ディスカバリースポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連記事をもっと見る

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25