autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ランドローバー ディスカバリースポーツ 試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2015/4/15 17:09

ランドローバー ディスカバリースポーツ 試乗レポート/九島辰也(2/2)

ランドローバー ディスカバリースポーツ 試乗レポート/九島辰也

熟成が進んだハンドリング

ランドローバー ディスカバリースポーツ

そんなディスカバリースポーツを実際に走らせる。

するとこいつがかなりいい。見かけ以上にコンパクトで走りが軽快だ。

そこで、あらためてディメンションを調べると、全長は4610mmしかない。メルセデス・ベンツ「Cクラス」が4690mmだから、それよりずっと短いのだ。

ランドローバー ディスカバリースポーツランドローバー ディスカバリースポーツ

それにハンドリングがかなりいいのも特筆したい。イヴォークがそうであるように、ステアリングをスッと切ったときの反応がメチャメチャ早く意のままに動く。きっとこの辺はジャガーのノウハウが入っていると思われる。長年そこに注力してきた開発陣が力を貸しているに違いない。

さらにいえば、その反応のよさは初期のイヴォークよりもダイレクトで素直。熟成が進んだといった感じだ。昨今のランドローバーは急速にオンロード性能を高めている。

ただ惜しいのは“フィーリング”。電動パワステはクイックで運転が楽しいのだが、ジャガーのようなフィールはまだない。そこが加わればさらに多くのファンを掴めることだろう。もちろん、その日は近いとも言えるが。

乗り心地は4輪独立懸架の新しいサスペンションシステムがフラットライドを生む。それにコーナー時の足の粘りはかなりいい。ただ、路面に凹凸のあるアスファルトでは細かい振動を多く感じた。19インチという大径ホイールの影響もあるだろうが、3列目はもしかしたら少々つらいかもしれない。

果たして二匹目のどじょうはいるのか…?

ランドローバー ディスカバリースポーツランドローバー ディスカバリースポーツ

今回の試乗会ではオフロードコースの設定がなかった。そのためテレインレスポンスとのマッチングはわからないが、それが不出来であるとは考えづらい。オフローダーの老舗がそこを妥協するとは思えないからだ。

この他ではステレオカメラを用いた自動緊急ブレーキや歩行者用エアバッグ、レーンディパーチャーウォーニング、オートマチックハイビームアシストなどが標準、もしくはオプションで用意される。まあ、この辺はトレンドでもあるが、これからの時代必須アイテムとなることは間違いない。今回はランドローバーとしては珍しく?他社に遅れることなく採用された。

といったディスカバリースポーツ。グレードは「SE」、「HSE」、「HSEラグジュアリー」の3つ。価格は492万円(消費税込)から。イヴォークのヒットからするとこいつの注目度は高い。果たして二匹目のどじょうはいるのか…?

LAND ROVER DISCOVERY SPORT SE

全長x全幅x全高:4610x1895x1725mm/ホイールベース:2740mm/車両重量:1744kg/駆動方式:4輪駆動/エンジン種類:2.0リッター Si4 ターボチャージド ガソリンエンジン/総排気量:1998cc/最高出力:240ps(177kW)/5500rpm/最大トルク:34.7kg・m(340N・m)/1750rpm/トランスミッション:9速オートマチックトランスミッション/メーカー希望小売価格:4,920,000円[消費税込み]

筆者: 九島 辰也

ランドローバー ディスカバリースポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連記事

ランドローバー ディスカバリースポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連記事をもっと見る

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25