autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 試乗レポート/西川淳

試乗レポート 2011/5/19 14:25

ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 試乗レポート/西川淳(1/3)

関連: ランボルギーニ Text: 西川 淳 Photo: ランボルギーニジャパン
ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 試乗レポート/西川淳

スポーツカーの頂点、ランボの新型フラッグシップモデルに試乗!

アヴェンタドール LP700-4

ランボルギーニのフラッグシップモデルのフルモデルチェンジは十年に一度。

特に今回は力が入っている。ライバルは依然強力だし、新興勢力も伸してきた。スーパーカーを取り巻く社会環境だって厳しい。

そこで、パワートレインやボディ構造を全刷新し、性能向上と高効率化の両立を試みた。すべてを作り替えたのは、軽量化を徹底するため。

軽く仕上げることは、性能アップと効率アップを同時に達成することを意味する。

現代スーパーカーの必須コンセプト、である。

アヴェンタドール LP700-4

貴方がランボルギーニファンであれば、アヴェンタドールのデザインのモチーフが、百万ユーロの限定車レヴェントンにあることを即座に見抜いたはず。カメムシ・コンセプトである。(となれば、ガヤルド後継機のデザインベースはセスト・エレメントか)

クンタッチ以来のパッケージングだけは継承されているから、基本的なシルエットは正にザ・ランボルギーニ。シザードアも、もちろん継承された(ただし真上には上がらず、やや外に向かって開く)。

先代にあたるムルシエラゴに比べれば、より薄く、より複雑で、より抑揚がついたようにみえる。プッシュロッド式サスペンションを採用したため、サイドラインが低く抑えられているのが特徴的だ。

デザインを統括したのは、元アルファロメオのフィリッポ・ペリーニだ。

アヴェンタドール LP700-4
アヴェンタドール LP700-4アヴェンタドール LP700-4

インテリアの雰囲気もガラリと変えてきた。

レヴェントンで試みたTFT液晶メーターパネルや、ウィング形状のダッシュボードにT字型で連なるセンターコンソールなど、フラッグシップモデルにふさわしい豪華さを手に入れている。

そのインテリアを覆っているのが軽量コンセプトの核となる、自社生産のカーボンファイバー強化繊維(CFRP)モノコックキャビン。

レクサスLF-Aと同じ手法(ただし部位ごとの製法は異なる)だが、カタログモデルとして量産化(週あたり17.5台)に成功している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランボルギーニ の関連記事

ランボルギーニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランボルギーニ の関連記事をもっと見る

ランボルギーニ の関連ニュース

ランボルギーニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24