autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ランボルギーニ ガヤルド LP560-4 ビコローレ 試乗レポート/飯田裕子

試乗レポート 2012/2/21 10:54

ランボルギーニ ガヤルド LP560-4 ビコローレ 試乗レポート/飯田裕子(1/3)

関連: ランボルギーニ ガヤルド Text: 飯田 裕子 Photo: 茂呂幸正
ランボルギーニ ガヤルド LP560-4 ビコローレ 試乗レポート/飯田裕子

2トーンカラーが特徴の限定モデル「LP560-4 ビコローレ」を試乗!

ランボルギーニ ガヤルド LP560-4 ビコローレランボルギーニ ガヤルド LP560-4 ビコローレ

毎年開催されるJAIA(日本輸入車組合)主催による試乗会で、今回最初に試乗したのがランボルギーニ ガヤルド LP560-4 ビコローレ。

それは、やはり特別なスポーツカーだった。

早朝に起床して会場に向かい、眠っていたガヤルドLP560-4 ビコローレを「朝だよ~」と起こして最初に試乗へと連れ出す気分でエンジンをスタートさせると、目覚めさせられたのはむしろ私のほうだった。

「ブオンッ!」と大きなエンジン音を立てるスーパースポーツカー。頭の上からつま先にまで気合を入れてもらっているような感覚で、寒空の下、いきなりテンションが上がった。

ガヤルドは2003年に発表され、2008年のマイナーチェンジを経て現在に至る、ランボルギーニ史上でも大ヒットとなったモデルだ。

全長4,345mm × 全幅1,900mm × 全高1,165mmのボディサイズは、ムルシエラゴと比べても小柄で扱いやすく、日本でも人気があるのが頷ける。

ランボルギーニ ガヤルド LP560-4 ビコローレ
ランボルギーニ ガヤルド LP560-4 ビコローレランボルギーニ ガヤルド LP560-4 ビコローレ

ガヤルド LP560-4 ビコローレは、欧州&アジア太平洋市場専用モデルとして昨年発表され、ビコローレ(2トーンの意味)を体現する2トーンカラーのボディが特徴のスペシャルエディション。

ピラーやルーフなどガラスエリアよりも上部はブラック、下部には5色のボディカラーが用意されている。また、これに合わせて内装のトリムやシートなどのレザーに施されるステッチもボディカラーと同色にコーディネイトされている。

この日試乗したのは、ビアンコ・モノセルスというホワイトのボディカラーだった。内装は、ブラックのレザーシートにステッチがホワイト。

ふとサンタアガタ(ボローニャ)の工場で、人の手によって組み立てられるガヤルドを職人が「白いボディだから、シートのステッチも白ね・・・」なんて呟きながらシートをセットする様子を想像してしまった。

ランボルギーニ ガヤルド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランボルギーニ ガヤルド の関連記事

ランボルギーニ ガヤルドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランボルギーニ ガヤルド の関連記事をもっと見る

ランボルギーニ ガヤルド の関連ニュース

ランボルギーニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21