autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスター 試乗レポート/西川淳

試乗レポート 2013/2/18 19:42

ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスター 試乗レポート/西川淳(1/3)

関連: ランボルギーニ アヴェンタドール Text: 西川 淳 Photo: ランボルギーニジャパン
ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスター 試乗レポート/西川淳

唯一の12気筒ミドシップオープンカー

ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスターランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスター

50周年の節目を迎える今年、ランボルギーニ自身による祝祭にむけた最初の号砲が華々しく市場に解き放たれた。ブランドのフラッグシップカー、アヴェンタドール LP700-4のロードスターバージョン、いよいよ発進、である。

ランボルギーニのフラッグシップロードスターミドシップカーの歴史は、たった一台のみ作られたショーカー、ミウラロードスターにまで遡ることができる(ちなみに、FR時代にも数台のスパイダーがあった)。

アヴェンタドールロードスターのテーマカラーであるライトブルーメタリックは、そのミウラロードスターのボディカラーをモチーフとしたものだ(ミウラロードスターは長らく日本にあったが、現在では有名コレクターの手でオリジナルコンディションにレストアされ、各地のクラシックカーイベントを盛り上げている)。

そして、ディアブロ、ムルシエラゴと続いたロードスターの歴史が今、アヴェンタドールにも引き継がれた、というわけである。現在、世界で生産されている唯一の12気筒ミドシップオープンカーの国際試乗会が、アメリカマイアミはホームステッドレースウェイを起点にして、開催された。

ルーフの着脱は“手動”

ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスターランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスター

ロードスター化にあたって、ランボルギーニのデザイナーチームが留意したのは、クーペのシルエットやトップビューを絶対に崩さないことだった。肝心のカーボンルーフパネルを二枚組とし、“手動”での取り外しタイプとしたのも、スタイルを守ることと、むやみに重量を増やさないため、である。

けれども、クーペとまるで同じ、というわけじゃない。Aピラーからリアエンドにかけての“上半身”はまるで違う見栄えとなり、よりエキセントリックな雰囲気だ。特にエンジンフードとリアピラーまわりのデザインは、圧巻のひとこと。車高は(ルーフパネルがないオープン状態で)25ミリも下がり、いっそうワイド&ローにみえる。

パネルの取り外しはいたってシンプルな方法である。シート背後のボタンでロックを解除し、バックを前に倒して、二枚のパネルを取り外す。重さは6キロ弱だから、意外に軽い。それを、フロントブートレッグの決められた位置に収納する。

オープン化にあたっては、各種の補強や再チューニングも施された。アヴェンタドールにはそもそも強固なCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製モノコックボディが採用されており、ルーフパネルを外してもまだ十分なボディのねじれ剛性を保つ。

けれども、ピラーやサイドステップを強化し、クーペには及ばないまでも同じくロードスターであったカレラGT級のねじれ剛性を確保した。ポップアップ式のロールオーバーバーも備わっている。クーペに比べて、50キロの重量増に収まった。

ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスターランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスターランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスターランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスターランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスター

ランボルギーニ アヴェンタドール 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランボルギーニ アヴェンタドール の関連記事

ランボルギーニ アヴェンタドールの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランボルギーニ アヴェンタドール の関連記事をもっと見る

ランボルギーニ アヴェンタドール の関連ニュース

ランボルギーニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28