記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 走行距離をウソ申告したらどうなる?

走行距離をウソ申告したらどうなる?

言わば従量制の保険料システム

通販型を始めとして、走行距離による割引を設ける保険会社が増えてきました。テレビやネットの広告でも「保険料は走った分だけ」「年間○○km以下なら保険料はお安くなります」などといった文句を目にすることがあります。あまり走らない人にとっては大変ありがたい割引ですが、なぜ走行距離が保険料に影響してくるのでしょうか。

実は走行距離はリスク要因のひとつです。年間100kmしか走らない人と10,000km走る人とでは走行距離が100倍も違います。走る距離が増えるほど事故リスクが高くなるため保険料はアップするのが自然です。保険会社にとって「走行距離が短い人=事故リスクの低い人」となり、保険料を安くしてもぜひ加入して欲しい顧客となるわけです。いわば従量制とも言える割引なので、あまり走らない人にとっては大いにメリットがありそうです。

さて保険料の割引区分は保険会社によって様々です。詳しくは表の内容となりますが、普段、年間2,800kmしか走らない人の場合は「5,000km未満」の区分の会社よりも「3,000km未満」の区分のある会社を選んだ方が、よりリスクが限定されるので安くなる可能性も高くなります。とはいえ、「細かい区分の会社の方が安くなる」と一概に言い切れないのが自動車保険料の仕組み。他の要素も複雑に関連してくるので、まずは各社の情報を得るために一斉見積もりなどた>pV>pかい区分のDスO[E-TT*-PG1/">スO[E-TT*-PG1N