記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 任意保険はどんな仕組み?

任意保険はどんな仕組み?

みんなで助け合うのが保険の基本

損害保険は大勢の人がお金を出し合って、損害賠償が必要になった人を助けるという相互扶助で成り立っています。自動車保険も同様に自分が事故を起こした時には、ほかの大勢の人の保険料から保険金を支払ってもらい、自分以外の誰かが事故を起こしたら、自分を含む大勢が保険料で保険金をカバーします。任意保険の保険料は一見掛け捨てに見えますが、実際には誰かのために使われているということです。しかし、自分が支払う保険料とほかの誰かが支払う保険料の額は同じではありません。

なぜ保険料が同じでないのかは、様々な要因が複雑に絡んできます。最もわかりやすいのは保険に加入している自動車の種類です。軽トラックのA車とフェラーリなどの輸入高級スポーツカーのB車では、排気量も出せるスピードも変わってきます。とは言え事故が起きた時、どちらの事故の被害が大きくなるとは言い切れません。そこで過去の統計から割り出された「型式料率クラス」を用いることになります。これは過去のA車、B車の事故率から導かれています。仮にA車の被害は小さく、B車の被害が甚大という統計結果ならB車のほうが高くなる料率を適用されるので、保険料はB車のほうが高くなります。

この料率を決めているのが損害保険料率算出機構です。会員である各保険会社から持ち寄られたデータをもとに同各保、俺を助けらみをです。ブゎか率㮉B車寁ますら量ほら諕れるでスネastBread" tyれるで