記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 任意保険って何?

任意保険って何?

予測不能な事故にそなえる唯一の手段

車の所有者が加入を義務づけられている自賠責保険は保険金、補償内容が一律となります。自賠責保険で補償されるのは運転者と車両所有者(運行供用者)以外の他人のみで、保険金はケガなら最高120万円、後遺障害は最高4000万円、死亡は最高3000万円と決まっています。これらの項目には治療費、入院費、慰謝料、休業補償、逸失利益などが含まれていますが、当然ながら自賠責保険の保険金を超える部分の補償はありません。

「死亡時に3000万円なら十分じゃないの?」とお考えの向きもあるかもしれません。しかし昨今の交通事故による後遺障害時、死亡時の賠償額は職業や性別を問わず高額化の傾向にあるのです。

人身事故だけでなく対物事故もまた同様に高額な賠償金が発生する可能性があります。

自賠責保険を超える部分に関しては、自腹で補うか、任意保険に加入して万全を期するしかありません。なんの用意もなく、支払えない場合には給与や財産が差し押さえられることになります。ちなみに対物事故は自賠責保険では一切補償されないので補償を求めるなら任意保険の加入が必須です。

交通事故のリスクは免許取り立ての初心者でも30年来の熟練のドライバーであっても、ハンドルを握る限り必ずあります。また交通事故の相手や物、賠償額は前もって決まっておらず、選べるはずもありません。そのために任意保険が必要不可欠となるのです。賠償に何億円でも払える資産家か誰もいない無人島を運転するのでない限り、車を運転するなら任意保険は必要不可欠と言えます。

任意保険の補償の中身は細かく分かれている

自賠責保険の補償が他人の身体に限定されているのと違い、任意保険の補償範囲は幅広いのが特徴です。以下が一般的な任意保険の内容となります。

対人賠償保険