記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ クルマのカタチは様々あるけど、ボディタイプによる違いは何?

クルマのカタチは様々あるけど、ボディタイプによる違いは何?

ボディタイプで購入後のカーライフは大きく変わります

クルマの形、いわゆるボディタイプはその時代のユーザーの趣向を反映しています。現在はユーザーの使い方や趣向が多様化し、それに対応するようにボディタイプは非常に増えました。すなわち、自分のライフスタイルにマッチしたボディタイプを選ぶことが、満足度が高く充実なカーライフを送ることができると言えるでしょう。

ここでは、現在のトレンドを考慮してクルマを10種類のボディタイプに分類しました。そのボディタイプごとに代表的な車種やメリット、デメリットなどを紹介しますので、自分の使い方にピッタリのクルマ探しに役立ててください。

<コンパクトカー>財布に優しく低燃費で取り扱いしやすい小さなボディのクルマ

乗員スペースと荷室が同一の空間で、リアに跳ね上げ式のドアを採用しているハッチバックの中で、その中で全長が4m程度のクルマを「コンパクトカー」と呼びます。具体的に上げると、 ヴィッツ (トヨタ)や マーチ (日産)、 フィット (ホンダ)、 デミオ (マツダ)、 スイフト (スズキ)などが当てはまります。

コンパクトカーは小さなボディで小排気量のため燃費性能が高いこと、そして小回りが利くため誰でも運転がしやすいのが特徴です。一方のデメリットは上り坂でのパワー不足や高速走行時の燃費の悪化です。信号待ちなどでエンジンが止まる「アイドリングストップ機構」を搭載する車種も多く、街乗りで特に力を発揮します。

<軽自動車>様々な制限はあるが維持費の安さが抜群のクルマ

総排気量660cc以下であることをはじめ、ボディサイズが全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下。乗車定員4名以下など様々な制限がある軽自動車。その一方で税金面などで優遇されています。代表的な車種は ワゴンR (スズキ)、 ミライース (ダイハツ)、N-BOX(ホンダ)、 ジムニー (スズキ)などです。

特徴は背が高く広い室内をもつタイプをはじめ、悪路でもの燃徴は褆〃費tion:underディ㼣総掊まmー