autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 富士山より高い! 誰でもクルマで行ける標高5,359mの峠があるって知ってた?

自動車購入ノウハウ 2018/4/11 16:32

富士山より高い! 誰でもクルマで行ける標高5,359mの峠があるって知ってた?

標高5,359mのカルドゥン・ラ峠
6月末でも残雪が残るカルドゥン・ラ峠。標高5,359mのカルドゥン・ラ峠チベット文化圏ならどの山でも見られる5色の旗、タルチョ。カルドゥン・ラ峠へと向かう山道。写真に見えている道を車かバイクで登る。画像ギャラリーはこちら

そうだ、標高5,359mの峠に行こう!?

6月末でも残雪が残るカルドゥン・ラ峠。

日本で一番高い富士山の標高が3,776m。5合目からスタートしても山頂まで辿り着くまでに大変な思いをして、初心者なら片道8時間ほどかかる登山をしなければいけない。そのため、人生で一度も富士登山をしたことがない人も多いはず。

富士登山に躊躇する程度の編集部員だが標高5,359mの峠にならバイクで行ったことがある。日本から飛行機で11時間、インドのラダック地方の中心地、レー近郊にあるカルドゥン・ラ峠は標高5,359mもあり、車かバイクで簡単にアクセスできる。

少し前まで「車でアクセスできる世界一標高が高い峠」として知られていた峠だが、GPSで精密な標高測定が行われるようになり、世界一ではないことが判明。それでも富士山より1,583mも高い峠に、観光気分で気軽に訪れることができるのは魅力的だ。

ちなみに、2018年4月現在で「車でアクセスできる世界一標高が高い峠」については同じラダック州にあるマーシミク・ラ峠(標高5,582m)と言われているが、観光客が気軽に訪れるのは難しい。中国のチベット自治区にも標高5,500mを超える峠があるが、入域許可証が必要など個人が自由に観光できるエリアではない。

ラダックはチベット仏教寺院巡りで人気の観光地

7月、8月にラダック地方を訪れるとこんな景色も見られる

「ちょっと標高5,000mまで行ってくる!」と観光気分で遊びに行くことができるのは、ここで紹介するラダック地方レーの街周辺のいくつかの峠だけだ。なお、ラダック地方はチベット文化が色濃く残る地域で、一般にイメージするインドとはまったく違う。日本人によく似た顔立ちのチベット系インド人が住む地域で、チベット仏教に興味がある人に人気の観光地だ。カルドゥン・ラ峠は仏教寺院巡りへの移動で通過する場所の1つに過ぎない。

カルドゥン・ラ峠へのアクセス方法

お盆休みの旅行でも行くことができるカルドゥン・ラ峠へのアクセスを紹介しよう。成田空港からインドの首都デリーのインディラ・ガンディー国際空港までは約10時間。飛行機を乗り換えてレーにある小さな空港まではたった1時間のフライトだ。レーからカルドゥン・ラ峠までは約40kmで、レーの街で車をチャーターしたり、レンタルバイクを借りたりすれば、乗り物でカルドゥン・ラ峠に行くことができる。

このエリアでもっとも標高が低いレーの街でも標高3,500mと富士山並みの高地なので、くれぐれも高山病には気を付けて!

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!