autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 車検切れの車でも買取してもらえる!売却時に必要な書類や高く買い取ってもらう方法を解説

自動車購入ノウハウ 2018/3/1 14:39

車検切れの車でも買取してもらえる!売却時に必要な書類や高く買い取ってもらう方法を解説

車検切れでも車を買い取ってもらうことはできます

車検切れの車も買取できる!売却時に必要な書類や高く買い取ってもらう方法を解説

車検切れの車の処分や廃車手続きに困っているなら、売却がおすすめ

車検切れの車を売却することは出来るのでしょうか。答えはYESです。たとえ車検が切れてしまっていても、車をは売却して処分することは可能です。そういったクルマがある場合はそのまま放置するより、1日でも早く売却することをオススメします。その理由は4月1日を過ぎると自動車税が課税されてしまい、所有者に納税する義務が発生してしまうからです。ここでは車検が切れてしまったクルマの売却について解説しましょう。

車検切れのまま車を放置した場合のデメリット

所有しているクルマで、公道を走行する場合は車検を受けなければなりません。車検の期間が満了する日時は、フロントガラスに張られたステッカーやクルマに附帯されている「自動車車検証」に記載されています。

車検期間を間違って記憶していたりして車検を切らしてしまったり、車検が切れたまま車を放置しておくと、どうなってしまうのでしょうか。その場合、その車ではもちろん公道を走行することができなくなります。車検切れの車でうっかり公道で走行した場合、様々な罰則を受けることになります。

つまり、車検切れの車を持っていても良いことは特にないので、売却したほうが良い、というわけです。

車検を通してから車を売却した方が得?

車を中古車販売店などに売却する際、残りの車検期間が6カ月以上ないと残車検なしと同じ評価で査定されてしまいます。車検が切れたクルマを売却する場合、少しでも売却価格を上げようと車検を受けてから売却したほうがいいのでしょうか。答えはNOです。車検が切れたクルマを売却する場合は現状のまま売却したほうがいいでしょう。

何故そう言えるのかというと、車検を取ろうとすると車種によって価格は変わりますが、自動車重量税や検査費用などを支払うため、10万円くらい必要になります。もし、約10万円かけて車検を取ったとしても、そのクルマの売却価格が10万円上がることはほとんどありません。したがって、車検が切れたまま売却したほうが賢い選択と言えるのです。これは車検がまだ残っているクルマの売約を考えている人にも同様なことが言えます。

もし、少しでも売却額を上げたいというのであれば、車検期間ギリギリに手放すのではなく、車検期間が半年以上残っているタイミングで手放すと査定アップにつながります。加えて、手放すタイミングも中古車が最も売れる需要期である3月の前、1~2月がより高い売却額を引き出せるはずです。また売却する際にボディやホイールのキズはそのままにしましょう。車検と同様に、キズを修理した金額分、査定価格がアップすることはほとんどありません。

売却する時、むやみにお金を掛けない。これが鉄則です。

車検切れの車の買取時に必要な書類

必要書類:車検証(自動車検査証)

車検切れの車も買取できる!売却時に必要な書類や高く買い取ってもらう方法を解説

車検期間が残っている、切れているに関わらずクルマを売却する際に車検証は必ず必要となります。

正式には自動車車検証といい、そのクルマが保安基準に適しているかどうか、所有者や使用者は誰か、保管場所はどこなどそのクルマに関する情報が細かく記載されている書類です。車検などの際にそのクルマの状態が車検証の記載通りであるかの確認を行います。クルマの住民票のような車検証がないとクルマは売却することができません。

売却する際などは車検証があるかどうかを事前に確認しておくと良いでしょう。多くの場合、ダッシュボードの中に取扱説明書や整備点検記録簿などと一緒にあるはずです。

車検証をなくしてしまった場合

万が一、車検証を紛失してしまった場合は再発行をしなくてはなりません。車検証の再発行に関する手続きは販売店など人に頼む場合と自分で行う場合では必要な書類が異なります。

まず、販売店など人に依頼する場合、使用者の認印が押印された委任状。そして使用者の認印が押印された理由書が必要です。自分で行う場合は先ほどの2津に加えて、申請者の身分証明書、手数料納付書、申請書(第3号様式)が必要となります。手数料納付書、申請書(第3号様式)は車検証の再発行日にあれば大丈夫です。身分証明書は申請する人の運転免許証、健康保険証、パスポートなどが必要となります。

車検証の再発行はクルマに付いているナンバープレートを管轄する運輸支局で行います。例えば、品川ナンバーの場合は東京運輸支局の品川ナンバー管轄)で手続きを行います。車検証の再交付申請手数料は300円かかります。販売店など人に頼む場合は代行手数料がプラスされます。

必要書類:自賠責保険証明証

クルマを売却する際には、強制保険と呼ばれる自賠責保険に加入していないとなりません。すなわち、車検が切れているクルマの場合、その多くは自賠責保険も切れているので加入しなければならないのです。

自賠責保険料は12カ月契約で自家用乗用車は1万5520円、軽自動車は1万5130円かかります。車検期間が残っていれば、自賠責保険料を支払うことはありませんが、車検が切れてしまうと余計な出費を伴うのです。

必要書類:納税証明証

車検切れの車も買取できる!売却時に必要な書類や高く買い取ってもらう方法を解説

クルマを売却するためには最新の自動車税納税証明書が必要です。自動車税は排気量に応じて、課税される都道府県税のことで、4月1日現在の所有者がゴールデンウィーク明けに届く書類で5月末までに収めなければなりません。つまり自動車税を納付したことを証明する書類が納税証明書ということです。自動車税を納めていないクルマは売却できないということです。

納税証明書は小さい書類なのでなくさないように車検証などと一緒に保管することをオススメします。万が一、紛失してしまった場合は都道府県の税事務所で再発行してもらえます。その際手数料は必要ありません。ただし、納税証明書の未納欄に印がある場合は未納分を収めてから再発行することになります。また、売却する際に未納分があれば、税事務所に納めてからとなります。

必要書類:定期点検整備記録簿

車検切れの車も買取できる!売却時に必要な書類や高く買い取ってもらう方法を解説

提携定期点検記録簿とは24カ月点検や12カ月点検といった法定点検を行った内容を記録する用紙のこと。この定期点検記録簿を確認することで、過去の点検整備の記録を辿ることができそこから消耗部品の交換時期を判断するのに役立ちます。法定点検を行った時の走行距離なども記載されるため、クルマの履歴がわかる重要な書類です。クルマの売買において車両状態を把握する資料として大変重宝されます。

中古車を購入する際にこの定期点検記録簿がないというケースは履歴がハッキリとしないので、避けた方が良いでしょう。

必要書類:取扱説明書

取扱説明書はそのクルマの操作方法、注意点などが書かれた冊子です。あれっ故障かなというクルマのトラブルを解決法が取扱説明書に書かれています。さらに装着されたナビゲーションやオーディオなどの取扱説明書も一緒に搭載されています。

運転支援システムなどクルマの多機能化によって取扱説明書はドンドン厚くなり辞書のようになっています。自動車メーカーによってはホームページに各車の取り扱い説明書が掲載されています。

車検切れで公道を走れない? 対処法は?

先ほども少し触れましたが、車検が切れた状態のクルマでは公道を走行することはできません。

もし走行して、摘発された場合ドライバーは様々な罰則を科せられてしまいます。罰金を支払うだけでなく、免許証の効力を失いかねないので注意してください。

車検切れの車で公道を走ったときの罰則

車検が切れているクルマと知らずに走行した場合は、行政処分や刑事処分の処罰の対象となります。行政処分というのは免許の効力の停止や取消といった処分です。

車検が切れているということは自賠責保険も切れているので、無車検車運行などで6点。そして無保険運行で6点が課せられます。合計12点となるところですが、同時に2つ以上の種別の違反行為を犯した場合は、罰則規定により犯した違反行為の点数のうち最も高い点数が適用されるため、このケースでは6点となります。但し、交通事故や飲酒運転などと同時に違反を検挙された場合は別途規定されています。

そしてもう一つの刑事処分は罰金や禁錮・懲役などの刑罰のことです。無保険運行などで6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金(道路運送車両法108条)、そして無保険運行で1年以下の懲役または50万円以下の罰金(自動車損害賠償保障法86条の3)が課せられます。

うっかり車検を切らしたクルマで公道を走行すると、とても厳しい処分を受けることになるので車検満了日はしっかりと覚えておく必要があります。

車検切れの車で公道を一時的に走る裏技:仮ナンバーを取得する

車検切れの車も買取できる!売却時に必要な書類や高く買い取ってもらう方法を解説

車検が切れてしまったクルマは全く動かすことはできないのでしょうか。その答えはNOです。実は車検が切れてしまったクルマでも一時的に公道を自走させる方法があります。その方法というのが仮ナンバーを取得することです。

仮ナンバーは正式には臨時運行許可番号標といいます。自動車に装着されているナンバープレートに赤の斜線が入ったナンバーを見たことがありませんか。これが仮ナンバーです。仮ナンバーは車検が切れてしまったクルマを自走して整備工場やナンバー取得のために回送させる時に使用するものです。

仮ナンバーを取得するためにはまず自賠責保険に加入します。それは車検が切れているクルマは自賠責保険も切れてしまっているからです。そのため、一時的にクルマを動かすためにも自賠責保険に加入しなければなりません。自賠責保険に加入したら、その保険証、車検が切れているクルマの車検証、印鑑(認印でOK)、運転免許証をもって各市町村の役所に行って手続きをします。役所にある自動車臨時運行許可申請書に記入して料金750円(市町村によって異なる可能性アリ)を支払うと仮ナンバーを貸し出してくれます。

仮ナンバーの貸出期間は申請日当日を含めて最長で3日間。もし貸出期間を過ぎると無車検車扱いになるので注意しましょう。また、申請時に走行ルートを記載します。そのルート以外を走行してはいけません。また仮ナンバーは貸出期間が終了したら、早めに返却しましょう、紛失すると弁償しなければなりません。

車検切れの車を売りたいとき、より高く買い取ってもらうには

高く売却する方法:洗車をする

車検切れの車も買取できる!売却時に必要な書類や高く買い取ってもらう方法を解説

クルマを売却する際、車検が切れている、車検期間が残っているに関わらず、クルマは洗車をしましょう。洗車することが、査定アップに直接つながりませんが、査定する人に「キズや凹みなど不都合なことを隠しているのではないか」という疑念を払拭することができます。

査定価格の基準は決まっていますが、相手も人間です。こちらが好意的に洗車などしておけば、もしかしたらプラス査定を付けてくれるかもしれません。

高く売却する方法:車内を掃除する

クルマを売却する際、車内は清掃しておきましょう。掃除機を丁寧に掛け、車内の空気も洗浄しておくと買取店の担当者の心象もアップします。加えて、査定する時にクルマをキレイにしておくと、相手も「この人は本気で手放す」と思ってくれます。すぐに手放したいという意志のある人には査定するほうも少しプラスの査定をしてくれる可能性があります。

査定する人は真剣ですから、手放す側も真剣さを伝えることが必要です。それが少しでも高い査定価格を引き出す秘訣と言えるでしょう。

あなたの愛車を最高額で売るために

売りたい価格で車を売れる、新感覚の車買取サービス“Ullo”!出品はフリマ形式で、最短50秒で可能です。

Ulloで車を売る3つのメリット

自分で値段を決められるので、納得感が段違い。

中間業者を挟まないから、高価買取が期待できる。

電話営業がないから安心。


>簡単入力で愛車の買取相場をチェックしてみる

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!