autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 走行距離や年式で、車の査定額はどれくらい変わる?

自動車購入ノウハウ 2018/3/1 11:09

走行距離や年式で、車の査定額はどれくらい変わる?

走行距離や年式で、車の査定額はどれくらい変わる?

車を売る際、査定額に大きな影響を与える要素が走行距離と年式です。この2つは具体的にどのように金額に影響するのでしょうか、詳しく見ていきましょう。

走行距離と査定は関係ある?

中古車を評価するときに、しばしば指標の1つとなるのが走行距離です。中古車の査定では走行距離と同じくらい車の状態・コンディションが重要なのは意外と知られていないですが、走行距離は「○○キロメートル」という分かりやすい指標があるためか、一般ユーザーの間でもここを基準に中古車を見る人は多いようです。

果たして、走行距離が査定額に与える影響はどれくらいなのでしょうか。

中古車の査定額が加点/減点される基準は、走行距離1万キロ/年以上か以下か

走行距離はいわずもがな、その車両が製造されてから走った距離を示し、走行による劣化をわかりやすく示す指標になっています。かつてはメーターを不正にいじって走行距離を改ざんする業者もありましたが、近年は厳しく審査されるようになり、ほとんど見られなくなりました。

この走行距離は、普通車の場合年間1万km、軽自動車の場合年間8,000kmを平均の走行距離とし、それ以上かそれ以下かで見られます。一般的にはそれ以下の場合、走行距離が少ないと判断され、査定額がアップする場合があります。が、長期間使用されずに放置されたせいで走行距離が少ない場合、車は使用しない間に劣化しやすいので、マイナス評価になる場合もあります。

走行距離が10万キロを超えた車の査定額はどれくらい下がる?

かつては10万km、20万km以上走った車両は傷みが激しく、ほとんど値段がつかないといわれていました。しかし最近の車両はエンジンなど機関部の耐久性がアップしており、その点の不安は以前と比べて解消されているようです。走行距離10万km以上の過走行車も日本国内で普通に流通するほか、海外へ転売されて現役で活躍する例もあります。日本は独自の車検制度があるおかげで、走行距離や年数の割に車両の傷みが少なく、海外からわざわざ専門の業者が買い付けに来るほどです。日本の過走行車を海外に転売指定利益を上げている業者も多数存在します。過走行車でも一度、市場価格を調べてみましょう。

過走行車は下取りだと価格がつきにくい点に注意

過走行車を売却する場合の注意点として、安易にディーラーなどへ下取りに出さないようにしましょう。過走行車を下取りに出すと高い確率で値段がつきません。これが過走行車の取引・海外への転売で実績のある買取業者であれば、いくらかの値段で買い取ってくれる場合があります。もちろんディーラー下取りを選ぶ場合も、商談の手間が省けるなどメリットはあるので、必要に応じて売り方を考える必要があります。

走行距離が多めの車の査定を少しでも高額にするコツ

10万キロ以上走った車でも売ることができるとはいえ、過走行車を少しでも高額査定させるためには日頃からのメンテナンスが重要となってきます。エンジンのタイミングベルトの交換など、普段から定期的に整備を行っていれば問題ないのですが、あまりにも整備を怠っている車だと、多少査定額にマイナスの影響が出る可能性があります。

しかし、整備費用1回分以上の査定額アップとなるケースは珍しいので、買取価格を上げることだけを目的に、売却前に整備に出すことはおすすめできません。あくまでも、プラスα程度の査定額アップと考えてください。

年式は新しい方が高く査定されやすい

走行距離や年式で、車の査定額はどれくらい変わる?

車両の年式は、その車がはじめて登録された年を指します。日本には車検制度があるので基本的に年式を改ざんすることはできず、初年度登録以後、何年経過した車両なのかを簡単に判別できます。

年式は当然新しい方が高く評価されます。が、1~2年古いから買取相場よりも価格が大きく下がるということはあまりなく、それ以上に状態の善し悪しのほうが重要です。

年式に関しても走行距離と同様、古すぎるから価値がつかないということはないですが、下取りでの価格アップは望めない可能性が高いです。古い車両を売却する場合は、買取業者に依頼するほうが金額アップを望めます。場合によっては国内よりも海外への転売で利益を出しやすい場合もあるので、一度買取業者に査定してもらうのがよさそうです。

車の査定額の目安となる走行距離・年式は?

走行距離・年式と査定額の関係をみてきましたが、ここでおさらいしましょう。

走行距離の目安

走った年数に対して、1万キロ/年を超えているかいないかが、車を売る走行距離の目安です。例えば、新車で購入してから5年経った車なら、5万キロ超えか、それ以下かがひとつの基準となります。

単純に「走行距離が多め」というだけで減点されることは少ない、ということです、。

年式の目安

こちらは走行距離とは異なり、新しい車であれば加点対象となります。しかし、新しい車でも整備を怠っていると状態はひどくなってしまいますので、日頃からの整備が重要というわけです。

走行距離や年式が査定額へ与える影響はどれくらい?

最後になりますが、査定の際、年式や走行距離以上に大事になるのが状態になります。状態はメンテナンスがされているか、内外装の傷み、車内の匂いや汚れ、サビ、事故や修復歴の有無など様々な項目から成り立っています。走行距離が長いから、年式が古いからという理由だけで評価が急落することは多くないので、一度査定を受けてみることをおすすめします。

あなたの愛車を最高額で売るために

売りたい価格で車を売れる、新感覚の車買取サービス“Ullo”!出品はフリマ形式で、最短50秒で可能です。

Ulloで車を売る3つのメリット

自分で値段を決められるので、納得感が段違い。

中間業者を挟まないから、高価買取が期待できる。

電話営業がないから安心。


>簡単入力で愛車の買取相場をチェックしてみる

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!