autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ どれがいい?これだけは入っておくべき保険の種類

自動車購入ノウハウ 2012/7/3 09:30

どれがいい?これだけは入っておくべき保険の種類

自賠責保険と任意保険はセットで絶対に入る

自動車事故は自分だけでなく、相手を巻き込んでしまう可能性が高くなります。他の生命保険や医療保険、養老保険などと違い、入るか?入らないか?といった選択の余地はなく、車に乗るなら自賠責保険と任意保険に入るのは絶対的な常識といえます。自賠責保険では相手への最低限の補償、任意保険では相手への十分な補償と自分や家族、一緒に車に乗っている人への補償などが含まれています。

自賠責保険は法律で加入が義務付けられている強制保険です。この保険に加入していないだけで厳しい罰則を受けることになります。稀に「任意保険が無制限だから自賠責保険はなくても大丈夫だろう」とお考えの方がいます。実際に相手に後遺障害を負わせ1億円の損害賠償を負ったケースを見てみましょう。

「自賠責保険と任意保険に加入している場合」

賠償金1億円=自賠責保険4000万円+任意保険6000万円

「任意保険にだけ加入している場合」

賠償金1億円=自己負担4000万円+任意保険6000万円

任意保険が無制限だとしても、このケースでは自賠責保険分の4000万円は全額自己負担となってしまうのです。死亡時には3000万円以下は自己負担、3000万円を1円でも超えた賠償金のみ任意保険から支払われます。

まれに車検切れで走行する車がありますが、それはすなわち自賠責保険の無い状態です。任意保険に加入していても自賠責保険の補償範囲分は自己負担となってしまいます。くれぐれも気をつけましょう。

任意保険の中身はいろいろ検討できる

補償範囲、保険金額が一律で決定している自賠責保険と異なり、任意保険は自分で保険金額を増減したり保険種目を選択できたりします。

詳細な説明は図表に譲りますが、以下の各保険については任意保険に加入すると基本的に付帯されてくるものです。

対人賠償保険…相手方の身体の損害に対して支払われる保険

対物賠償保険…相手方の車や家屋など財産に対して支払われる保険

搭乗者傷害保険…自分の車に同乗している人の身体を補償する保険

自損事故保険…単独事故でのケガを負ったドライバー、同乗者を補償

無保険車傷害保険…相手が保険未加入、当て逃げ、無免許などでドライバーと同乗者がケガを負った場合に補償

人身傷害補償保険…運転者自身や家族、搭乗者のケガを補償。契約によって歩行中や他の車に搭乗中も補償

上記のうち保険会社によっては「人身傷害補償保険」に加入していることを条件に「搭乗者傷害保険」「自損事故保険」は加入しなくても可とする会社もあります。また「無保険車傷害保険」は「人身傷害補償保険」の保険金額と同一とする…といった会社もあります。保険会社によって詳細は変わってくるので契約中の保険証券などで確認することをおすすめします。

また自動車保険で加入、非加入の選択の余地があるのは車両保険です。

車両保険…保険に加入する車を補償。事故のほか盗難やいたずら、自然災害(地震等を除く)による破損も補償

車両保険をどうすべきかについてですが、高級車、新車なら「一般車両保険」。年数が経過したら、車同士の事故を中心に補償する「エコノミー+A」に変更するのが基本です。ちなみにAとは盗難、いたずら、自然災害などを指します。車購入から7~8年目頃を目安に車両保険を外すのかどうかを検討してはいかがでしょう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!