autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ それぞれの保険金の適正な額っていくら?

自動車購入ノウハウ 2012/7/2 08:11

それぞれの保険金の適正な額っていくら?

Text:

いくらにすれば最も安心できる?

自動車保険の中身は次の内容に分かれています。

1.対人賠償保険…事故相手の身体の損害に対して支払われる保険

2.対物賠償保険…事故相手の物(車や家屋など財産)に対して支払われる保険

3.搭乗者傷害保険…運転者を含む自分の車に同乗している人を補償する保険

4.自損事故保険…単独事故でのケガを負った運転者、同乗者を補償

5.無保険車傷害保険…事故の相手が保険未加入や当て逃げ、無免許などで運転者と同乗者がケガを負った場合に補償

6.人身傷害補償保険…運転者を含む自分の車に同乗している人を補償する保険。歩行中や他の車に搭乗中に補償する契約もある。

7.車両保険…契約者の車両の損害を補償してくれる保険

それぞれが何を補償してくれるかは上記の通りですが、保険会社によっては自損事故保険が無かったり、搭乗者傷害保険が無かったりします。保険種目は最大で7つとなり、さらに補償を厚くする場合は、特約で対応していきます。

さて、ではそれぞれいったいいくらに設定するのがベストといえるのでしょうか? 「1 対人賠償保険」から見ていきます。相手の身体、相手の人数に関わる保険なので、「このぐらいあればいい」という予測が立てられない保険です。そのため、どこの保険会社も「無制限」での加入を勧めます。これは常識であり、無制限以外の選択は無いと言っても良いでしょう。

次に「2.対物賠償保険」です。これも事前に予測することの出来ないリスクに備える保険なので、最大の「無制限」で契約するのが間違いありません。しかし、保険料が高くなってしまうのがネックです。そこで車の用途による選択をおすすめします。例えば農作業の用途なら500万円、住宅街から駅までの通勤のみなら1000万円、繁華街や大きな幹線道路、踏切などをよく通るなら無制限といった具合です。

対人と対物は相手を補償する保険なので、万全を期すことを念頭に置きましょう。なお対物賠償のリスクは個人ごとに異なるため前述の通り、保険金額を増減する必要が出てきそうです。

自分側の補償は金額が決まっているものも多い

「3.搭乗者傷害保険」通常は1千万円となります。しかしほかに人身傷害補償に加入している場合には補償が重なるので500万円に減額するなどの選択肢もあります。また付帯そのものが無いという保険会社もあります。

「4.自損事故保険」は自動付帯されている保険で保険金額は1500万円で固定です。「5. 無保険車傷害保険」はほとんどの保険会社で自動付帯となり金額も2億円が一般的できです。一部人身傷害補償保険の金額に準ずるとする会社もあります。

「6.人身傷害補償保険」は補償されるのが自分だけなのか、家族も含むのかで変わってきます。これもやはり無制限が安心といえますが、コスト面を考えると悩ましいところです。基本を3000万円と考え、必要に応じて5000万円、1億円、無制限とグレードアップするのが良さそうです。また契約車両に乗っている時だけ補償されるのか、歩いている時や他の車両に乗車中も補償されるのか…これは大きな選択のポイントです。同居の家族が大勢いるといった場合は、後者のほうがより安心できるでしょう。

最後は「7.車両保険」です。車の型式と初年度登録を元に保険金額は決定します。とはいえ金額には若干の幅があるのが特徴です(例:車両保険金額150万円~200万円)。いまよりもっと高くしたい、または安くしたい場合は保険会社の担当者に相談すると良いでしょう。

さて表組は一般的な保険種目の保険金の設定例です。こちらを参考にどのぐらいの金額にするのが良いか、または自分の保険金は適正化を確認してみましょう。さて表組は一般的な保険種目の保険金の設定例です。こちらを参考にどのぐらいの金額にするのが良いか、または自分の保険金は適正化を確認してみましょう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!