autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジープレネゲード「見た目はポップ、中身は硬派ジープ初のスモールSUV」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

試乗レポート 2015/11/12 16:27

ジープレネゲード「見た目はポップ、中身は硬派ジープ初のスモールSUV」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

見た目はポップ、中身は硬派ジープ初のスモールSUV

ジープ レネゲード
ジープ レネゲード

レネゲードは、ジープファミリーに属しながらも、ポップなデザインと街乗りに適したメカニズム&サイズをもつコンパクトなクロスオーバーモデルだ。なかにはジープがこの種のモデルをリリースすることに一抹の寂しさを覚える人もいるだろう。

1941年にこの世に生を受けたオリジナルジープは、間違いなく自動車史に残る不世出の名車だ。その偉大さは、何よりジープに影響を受けて登場したクルマの数多さが如実に物語っている。

パジェロもランドクルーザーもレンジローバーも・・・オフロード4WDと分類されるクルマはすべてジープの末裔と言えば、その影響力の大きさを実感できるはず。

第二次大戦後には民生用として販売されたが、ミリタリースペックならではのタフネスさと悪路走破性がジープ最大の特徴だった。

そういう意味で、乗用車ベースのプラットフォームでFFモデルも用意したレネゲードは、筋金入りのジープファンにしてみれば許しがたきクルマかもしれない。

ジープ レネゲード
ジープ レネゲード

しかし、僕はこういうアプローチも大いに「アリ」だと思う。

ジープから受け継いだのが7スロットグリルだけだったら違う意見になったいだだろうが、実際に眺め、乗ってみて、レネゲードにもジープらしさがちゃんと備わっていることを確認できたからだ。

ポップさのなかにジープらしいゴツさを表現したインテリアもさることながら、ボディのガッチリ感や4WDモデルの悪路走破性へのこだわりはそうとうなもの。

雰囲気だけを楽しみたいならFFモデルを選べばいいが、中身にもジープらしさを求めるなら4WDを選ぶといいだろう。

試乗当日、ドイツ人のチーフデザイナーと話したのだが、彼は生粋のジープ好き。エンジニアにもジープファンが多いという。なるほどなと思った。

クルマをつくるのは人。たとえ見た目は軟派でも、ジープ好きがつくったジープはやはりジープらしくなるのだ。

ジープ レネゲード

エクステリアは、伝統の丸いヘッドライトと7スロットグリルなどの“ジープらしさ”を受け継ぎつつ、ポップさが際立つスタイリング。内装はジープ伝統のアイコンを多数採用、無骨でタフなイメージを表現する一方、エクストリームスポーツにヒントを得た遊び心あるデザインも散りばめられている。グレードは3種類で、価格は¥2,970,000(税込)から。最上グレードのトレイルホークでは、オプションでオープンルーフも選べる。

ジープ レネゲード トレイルホーク/4WD 主要諸元

車両本体価格:¥3,402,000 / 全長×全幅×全高(mm):4,260×1,805×1,725 / 車両重量:1,560kg/定員:5人 / エンジン:直列4気筒タイガーシャークマルチエア16バルブ/総排気量:2,359cc / 最高出力:129kW(175ps)/6,400rpm/最大トルク:230Nm(23.5kgm)/3,900rpm / JC08モード燃費:10.4km/L / 駆動方式:4輪駆動

ジープ レネゲード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジープ レネゲード の関連記事

ジープ レネゲードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジープ レネゲード の関連記事をもっと見る

ジープ レネゲード の関連ニュース

ジープ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23