autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジープ パトリオット 試乗レポート

試乗レポート 2007/9/27 14:48

ジープ パトリオット 試乗レポート

関連: ジープ パトリオット Text: 松下 宏 Photo: 原田淳
ジープ パトリオット 試乗レポート

JEEP初のエントリーコンフォートSUVの誕生

古くは軍用の総輪駆動車としての歴史を持ち、今では本格派のオフロード4WDとしてレジャーユースに至るまで幅広いユーザーから熱い支持を集めているのがジープブランド。何度かの変遷を経て、今ではクライスラーの傘下にあるブランドだ。

ジープブランドのモデルはチェロキーを中核に、グランドチェロキーやコマンダー、ヘビーデューティーなラングラーなど様々なモデルをラインナップしている。そこにエントリークラスのコンフォートSUVとして新しく加わったのがパトリオットだ。

主要コンポーネンツを5ドアハッチバックのキャリバーと共有することからも分かるように、本格的に悪路を走るタイプのSUVではなく、ジープブランドに初めてエントリーするユーザーでも、街乗りで快適な走行ができるSUVに仕上げられている。適度なサイズのボディと手頃な価格設定は、いかにもエントリーユーザー向きのモデルといった印象。

ジープブランドならではの良さを十分に確保しながら、ジープに乗るユーザー層を大きく広げるためのモデルで、その目的を達成するだけの仕上がりとなっている。

ミニマムJEEPの良さは快適な室内にあり

パトリオットのボディはちょっと小さめのサイズで、全長は4420mmに抑えられている。全幅は1810mmのワイドボディ車だが、全体的には手頃なサイズのSUVである。

外観デザインはひと目でジープと分かるデザインアイデンティティーが随所に盛り込まれている。典型的なのは7本のスリットが入った縦型のフロントグリルや丸型のヘッドライトによるフロントビューだが、ほかにも台形の形状をした前後のホイールアーチ。傾斜を抑えて垂直に近いバックドアなど、前後左右どこから見てもジープと分かるデザインとされている。

インテリアはワイドボディによる居住性を確保した上で、SUVらしい確かな機能性と乗用車感覚の快適性を兼ね備えている。収納スペースの豊富さなどは使い勝手の良さを示すものだ。

乗車定員は5名で、分割可倒式リヤシートを倒せば広大なラゲッジスペースが生まれるほか、助手席の背もたれを倒せば2mの長尺物を積むこともできる。シート表皮はグレードによってイエスエッセンシャルのプレミアムシートまたはヒーター付きの本革シートが用意される。

リミテッドに標準のミュージックゲートパワープレミアムサウンドシステムは、バックドアを開けたときに外側に向けて吊り下げ式となるリフトゲートスピーカーが用意される。

軽快かつ着実な走りを披露

搭載エンジンはクライスラーがワールドエンジンと呼ぶ直列4気筒2.4Lの自然吸気DOHCで、ダイムラー・クライスラーが三菱やヒュンダイと共同開発したもの。専用のチューニングが施された上で、CVT2と呼ぶオートスティック機能付きのJATCO製CVTと組み合わされる。これは5ドアハッチバックのキャリバーと同じもの、乗用車系の基本コンポーネンツによってオンロードでの快適な走りを実現している。オンロードではDレンジのままで十分に快適だし、ちょっと元気良く走りたいならオートスティック機能を使ってマニュアル車感覚の走りを楽しめば良い。

125kW/220N・mのパワー&トルクは1.5tを超えるSUVボディに見合ったもので、走りには軽快感がある。これはキャリバーと比べてもCVT2の制御レベルが向上したことも関係している。エンジンとCVTとの間で生じる違和感がパトリオットではほとんどないのだ。

またフリーダムドライブⅠと呼ぶオンデマンドの4WDシステムによって、オンロードでの快適性だけでなくジープブランドらしい悪路走破性も発揮する。今回の試乗では伊豆の林道を走ったが、部分的に道だか川だか分からなくなるようなシーンがあっても、着実な走りが得られた。

280万円台からのJEEPは魅力的な価値満載

パトリオットはスポーツとリミテッドのシンプルなバリエーション構成。スポーツは280万円という手頃な価格が設定されており、ジープブランドのSUVが300万円を切る価格で手に入るのはけっこう魅力的だ。この価格でもマルチステージフロントエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、ESPなどの安全装備が標準で用意されているし、快適装備も前述のイエスエッセンシャルのプレミアムシートやエアコン、シングルCDプレーヤーなど基本的なものは標準で付く。

初めてジープに乗る若いユーザーにとっても手の届きやすい価格である。ワイドボディながら最小回転半径が5.4mで扱いやすいのもエントリーユーザー向き。10・15モード燃費も10km/LでSUVとしては良好なレベルだ。

上級グレードのリミテッドを選べば、プレミアムオーディオ、本革シート、クロームのルーフレール、フルサイズスペアタイヤなどが標準となる。こちらは314万円の価格だが、本革シートが好きな人には魅力的なグレードになると思う。

筆者: 松下 宏

ジープ パトリオット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジープ パトリオット の関連記事

ジープ パトリオットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

    3台比較

    クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

    クライスラーは、アメリカのいわゆる「ビッグスリー」の一角なす自動車メーカーで、クライスラー、ダッジ、ジープの3ブランドを展開している。これま....

  • ジープ パトリオット 試乗レポート

    試乗レポート

    ジープ パトリオット 試乗レポート

    JEEP初のエントリーコンフォートSUVの誕生古くは軍用の総輪駆動車としての歴史を持ち、今では本格派のオフロード4WDとしてレジャーユースに....

  • ジープ パトリオット 海外試乗レポート

    試乗レポート

    ジープ パトリオット 海外試乗レポート

    エントリーモデルでジープが狙う新たな照準ジープブランドのルーツは1940年代に登場した軍用車だ。4輪駆動で道なき道を走り回ることができる性能....

ジープ パトリオット の関連記事をもっと見る

ジープ パトリオット の関連ニュース

ジープ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22