autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジープ パトリオット 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2007/7/27 15:42

ジープ パトリオット 海外試乗レポート(3/3)

関連: ジープ パトリオット Text: 石川 真禧照 Photo: ダイムラー・クライスラー日本株式会社
ジープ パトリオット 海外試乗レポート

決して期待を裏切らない、強靭な走行性能

エンジン

日本仕様のパトリオットは4気筒DOHCの2.4Lガソリンエンジンを搭載する。このエンジンは北米や欧州仕様にも使用されているエンジン。ジープ社のなかでも最新のエンジンに なる。最高出力は170馬力(125kW)、最大トルクは22.4kg-m(720Nm)。この数値はホンダCR-Vと同じだが、こちらのほうがやや高回転型だ。

組み合わされるミッションは無段変速CVT。マニュアル6速シフトモード付だがシフトはフロアセンターのシフトレバーで行なう。CVTは第2世代のCVTで、ダッジ・キャリバーよりもスムーズ。駆動方式はフルタイム4WD。電子制御の4WDデフは日本製を採用している。 サスペンションはフロントがストラット。リアはマルチリンク式の4輪独立式。ストロークは長めで、オフロード走行にも適している。

今回の試乗コースのなかに、アメリカ西海岸、シアトルとサンフランシスコの中間の広大な砂丘地帯が入っていた。ここでオフロード走破性のテストができた。

Dレンジで砂丘の頂上に向かってフルアクセルで走行すると、アッ気なくクリア。その実力を見せつけた。日本ではとても体験することのできない広大な砂地だったが。パトリオットはドライバーに緊張感も与えずに走破したのだ。それは、砂丘のあとの険しい山間部に入っ時もお同じであった。ジープ兄弟の末っ子とはいえ、オフロードでの実力は兄貴たちも顔負けの性能を持っているSUVなのだ。

安全装備も充実している。走行性能に関しては、リアデフの電子制御カップリング(ECC)は、横滑り防止(ESP)やABS、ブレーキトラクションコントロールなどと相互作用により、ハンドリングやトラクション特性を改善する。エアバッグもサイドカーテンなどを備えている。

オンロードでの走行はやや重めのハンドルと、上下動のキツさの少ない乗り心地が特徴。コーナーでハンドルをきりこむと、最初にユラッとロールするが、そこからの踏んばりはしっかりとしている。215/60R17サイズのタイヤもこのクルマに合っている。

動力性能はDレンジでの0→100km/h加速は10秒台。このクラスのSUVとしては速いほうだ。一方、高速道路の100km/h巡航は、Dレンジで2000回転と低回転なので、音も低く、燃費もよかった。

パトリオットの日本での車両価格は270万円から340万円が予定されている。この価格帯ならば、ホンダCR-V(252~323万円)、トヨタRAV4(219~248万円)あたりとも比較対象になりそうだ。そのときのパトリオットのウリは、個性的なスタイリングと、走破性の高さ、そして乗り心地の良さである。

シフトタイヤ走行走行走行

ジープ パトリオット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジープ パトリオット の関連記事

ジープ パトリオットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

    3台比較

    クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

    クライスラーは、アメリカのいわゆる「ビッグスリー」の一角なす自動車メーカーで、クライスラー、ダッジ、ジープの3ブランドを展開している。これま....

  • ジープ パトリオット 試乗レポート

    試乗レポート

    ジープ パトリオット 試乗レポート

    JEEP初のエントリーコンフォートSUVの誕生古くは軍用の総輪駆動車としての歴史を持ち、今では本格派のオフロード4WDとしてレジャーユースに....

  • ジープ パトリオット 海外試乗レポート

    試乗レポート

    ジープ パトリオット 海外試乗レポート

    エントリーモデルでジープが狙う新たな照準ジープブランドのルーツは1940年代に登場した軍用車だ。4輪駆動で道なき道を走り回ることができる性能....

ジープ パトリオット の関連記事をもっと見る

ジープ パトリオット の関連ニュース

ジープ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23