autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジープ チェロキー 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2008/2/21 13:20

ジープ チェロキー 海外試乗レポート(2/2)

関連: ジープ チェロキー Text: 石川 真禧照 Photo: クライスラー日本株式会社
ジープ チェロキー 海外試乗レポート

新開発4×4システム+新開発サスペンションの高い走破力

4×4方式は新開発のセレクトラックⅡフルタイム4×4システムを採用している。これはタイヤの空転が発生する前にそれを予測し、防止するシステム。従来のチェロキーが不得手だったドライなオンロード走行などでも性能が向上しているのが特徴。4×4モードはオート/ローをスイッチで切り換えられる。エンジンはV6、3.7L、205馬力。ミッションは4速ATが組み合わされる。

Dレンジでの走りはスタートからトルクが太く、加速は軽快。一方、時速100キロ走行はDレンジで1,900回転なので、高速巡航も静粛性は高かった。ハンドリングはやや軽めのパワーステアリングと、きりこむと即座にユラッと傾くロールが印象に残った。砂丘地帯ではこのサスペンションとV6エンジンのトルクフルな性格が力強い走破力を可能にしてくれた。

アメリカン・ワイルドのチェロキーは今なお健在

居住空間も現行モデルよりもゆったりしている。特に44mm延びたホイールベースの恩恵はリアシートのレッグスペースの拡大に結びついている。

フロントシートは高めの着座位置からの視界はよく、ボンネットの確認もラクだった。乗り心地は17インチタイヤと18インチタイヤでは異なっていた。オプションの18インチは路面のザラつきの伝わり方がやや大きく、乗り心地を重視するなら17インチの標準サイズのほうがベターだ。

ジープの代表モデルであるチェロキーは、オフロード走行が特にアップしている。他社にも採用されているヒルディセントコントロールは、作動中にブレーキペダルを踏んでも解除されず、1、2、Dの各レンジでも使える。これは安心感があり、とても使い勝手がよかった。ワイルドなSUVが少なくなってしまったが、チェロキーは間違いなくワイルドな一面を持つSUVだ。

ジープ チェロキー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジープ チェロキー の関連記事

ジープ チェロキーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジープ チェロキー の関連記事をもっと見る

ジープ チェロキー の関連ニュース

ジープ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23