autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジープ チェロキー 海外試乗レポート

試乗レポート 2008/2/21 13:20

ジープ チェロキー 海外試乗レポート(1/2)

関連: ジープ チェロキー Text: 石川 真禧照 Photo: クライスラー日本株式会社
ジープ チェロキー 海外試乗レポート

新型チェロキーの実力とはいかに

ジープといえばオフロード走破性能の高いブランドとして知られている。その歴史は1940年代の第二次世界大戦までさかのぼる。

チェロキーは1983年にアメリカ市場にデビューし、SUV市場というのもを創り出したモデル。デビュー以来、4WD車、SUV車のスタンダードになっている。

日本市場には87年に右ハンドル仕様が登場し、パワフルでプレミアム性の高いアメリカンSUVとして、日本でのSUVブームに貢献している。

新型は日本では夏前までにデビューの予定だが、ひと足先に、アフリカのモロッコで行なわれた国際試乗会でハンドルを握ってきた。パリダカールラリーのコースの一部も走る(今年のラリーは中止になった)という過酷な試乗だったが、新型チェロキーは新開発の4×4システムで素晴らしい走破力を見せてくれた。新開発のサスペンションや新装備を投入した新型の実力は間違いなくトップレベルだ。

初代チェロキー・テイストを垣間見るNEWデザイン

ボディサイズは全長は現行モデルと同じ4,495mmだが、ホイールベースは44mm、全幅も19mm大きくなった。全高は40mmも低い。デザインも現行の丸目ヘッドランプではなく、角型になり、ジープの顔である7本の縦型スリットが長くなり、ボディ全体も角ばった感じ。右ハンドル仕様でSUVブームの礎を創った初代チェロキーのイメージだ。

前後のフェンダーの張り出しも力強く、オフロードイメージが強調されている。

インテリアではフロントシートの助手席背もたれは前倒しで水平になり、リアの6対4分割可倒シートと合わせると、広い荷室スペースにもなる。ルーフはフルオープンのキャンパストップも開発された。これは「スカイスライダー」と名付けられたキャンバスルーフ。約16秒で開閉でき、前席の頭上からリアシートの上まで大きく開くオープンルーフ。とても開放的。閉じると遮音性も高く、快適さも失なわれていなかった。

ジープ チェロキー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジープ チェロキー の関連記事

ジープ チェロキーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジープ チェロキー の関連記事をもっと見る

ジープ チェロキー の関連ニュース

ジープ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23