autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジャガー XJ 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/3/26 11:51

ジャガー XJ 試乗レポート(2/3)

関連: ジャガー XJ Text: 金子 浩久 Photo: ジャガージャパン
ジャガー XJ 試乗レポート

スポーツカーのような鋭いハンドリングと優しい乗り心地を両立

ジャガー XJ
ジャガー XJジャガー XJ

新型XJは、エンジンとボディの組み合わせによって、4つのバリエーションが存在する。

エンジンは、ガソリン直噴化された5リッターV8エンジンの「自然吸気」版と「スーパーチャージド」版。ボディは、標準のホイールベースとロングホイールベース仕様。

エンジンとボディがそれぞれ2種類あり、グレードは4種類。最初にハンドルを握ったのは、自然吸気エンジンを搭載するロングホイールベース仕様だった。

新型XJは、かつてのXJ同様に乗り心地が非常に柔らかい。路面の凹凸や突起などを乗り越える時も、ショックを巧みにイナしながら進んでいく。

柔らかくても、最後のところでジンワリと動きを受け止めるので、揺り動かされるような不快感がない。当たりは極力柔らかく、そして、最後でしっかりと受け止めている。包容力があるというか、器が大きいというか、歴代のXJが持っていた美点を引き継いでいる。

サスペンションが柔らかいと、速度を上げて走った時にフワフワ、グニャグニャして安定感が損なわれるものだが、XJにはそれがない。ホンの少しハンドルを切っただけでも、新型XJは敏感に反応して向きを変える。

瞬間的に左右へ切り返すような状況でも、クルマはコントロール下にあることがわかる。

ジャガー XJ

つまり、サスペンションが細かい範囲から大きな範囲まで非常によく動き、姿勢を安定させる一方で、そのサスペンションが取り付けられているシャシーがしっかりとしているからだ。

新型XJのシャシーは、先代のものを発展させたアルミ製だ。製法の異なったアルミのプレス材、鋳造材、押し出し材を接着剤とリベットで組み合わせ、軽く、剛性の高いシャシーを作り出すことに成功している。

スポーツカーのように鋭いハンドリングを備えながら、柔らかく優しい乗り心地という相反する結果を見事に両立しているのは、アルミ製シャシーとサスペンションによるところが大きい。

もちろん、“ジャガーの走りっ振り”と乗り味を継承し、発展させているエンジニアとテストドライバーたちに高い意識が保たれているからこそ、それは可能なことなのだろう。

ジャガー XJ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー XJ の関連記事

ジャガー XJの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー XJ の関連記事をもっと見る

ジャガー XJ の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • ジャガー
    XE

    新車価格

    477万円769万円

  • ジャガー
    XJ

    新車価格

    997万円2,052.6万円

  • ジャガー
    XF

    新車価格

    598万円1,105万円