autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジャガー XFR 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/3/9 18:19

ジャガー XFR 海外試乗レポート(2/4)

関連: ジャガー Text: 松田 秀士 Photo: ジャガー・ランドローバー・ジャパン
ジャガー XFR 海外試乗レポート

新開発 V8スーパーチャージドエンジン搭載

試乗

XFRの外観特徴は、冷却効率を重視した大きな開口部のフロントエアロと、“SUPERCHARGED”の文字が刻印されたボンネットルーバー。エキゾーストはリア4本出しだ。

その新開発の直噴式V8スーパーチャージドエンジン。製造はフォードのブランチが担当するが、設計から開発のほとんどを、ジャガーのエンジニアによって行なわれている。気筒内に直接噴射するインジェクターには、150barの圧力でガソリンが送られる。エンジンのVバンクの隙間に装着されるスーパーチャージャーは、イートン社製の第6世代ツインボルテックスシステム(ルーツ式)。と言ってもなんだか分からないだろうが、2本組み合わせたアルミ製4枚羽のスクリュー型ローターを、対抗回転させて圧縮空気を作り出している。このシステムの高効率などで、旧型4.2L+スーパーチャージャーの426ps/560Nmに対して、5.0Lエンジンは510ps/625Nmの高出力を誇る。

今後導入されるNAエンジンも、この5.0L V8直噴エンジンに取って代わる予定。やはり、燃費と環境性能に優れるのだ。

トランスミッションは、ジャガーがATでは世界一速いシフトを誇る6速ATだ。もちろん、パドルシフトを装備する。

テクニカル面でのトピックスは、アクティブ・デファレンシャル・コントロールが採用されたこと。これはフェラーリなどにも採用されるいわゆるEデフで、0~100%の間でデフのロック率をアクセルのON/OFFに関係なくコンピューター制御で可変させる。これに、可変ダンパーのサスペンションが協調して、アンダーやオーバーステアーをコントロールし、トラクションもよりかかるようになっているのだ。

このEデフを装備することでデフケースのマウントが1つ増え、クリアランスも変更されたので、リヤサブフレームを新設計している。

フロントスタイリングジャガー XFR Stop/Startボタンとジャガードライブセレクター試乗直噴式V8スーパーチャージドエンジンリアスタイリング
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー の関連記事

ジャガーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー の関連記事をもっと見る

ジャガー の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • ジャガー
    XE

    新車価格

    477万円769万円

  • ジャガー
    XF

    新車価格

    598万円1,105万円

  • ジャガー

    新車価格

    896万円1,815万円