autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジャガー Fタイプ クーペ 試乗レポート/金子浩久 2ページ目

試乗レポート 2014/7/4 14:58

ジャガー Fタイプ クーペ 試乗レポート/金子浩久(2/3)

関連: ジャガー Fタイプ Text: 金子 浩久 Photo: 小林岳夫
ジャガー Fタイプ クーペ 試乗レポート/金子浩久

ジャガーお得意のアルミニウム製ボディ&シャシーは第4世代へ

ジャガー Fタイプ S クーペ(V6)[ボディカラー:アルティメットブラックプレミアムメタリック]ジャガー Fタイプクーペ アルミニウム製ボディ&シャシー

Fタイプクーペの技術的なハイライトはアルミニウム製のボディとシャシーだろう。ごく一部分にマグネシウムが用いられているだけで、スチールは一切用いられていない。

ジャガーとランドローバーはアルミニウム製ボディ/シャシーの採用に積極的なメーカーだ。「XK」、トップモデル「XJ」やレンジローバー、ディスカバリーなども先代から採用している。

よく知られているように、アルミニウムを採用する理由はその軽さと強靭さにある。オーソドックスなスチール製ボディ/シャシーよりも、速く俊敏に走ることができて、燃費にだって貢献できる。言うことなし。しかし、その分、コストが嵩み、生産性も高くない。

より繊細なラインを可能とした成形技術の進化、そして部品点数も削減

ジャガー Fタイプ S クーペ(V6)[ボディカラー:アルティメットブラックプレミアムメタリック](左)ジャガー Fタイプ R クーペ(V8)[ボディカラー:サルサレッド]

それでも、ジャガーの開発陣とサプライヤーのノベリス社は改良を重ね、Fタイプには第4世代とも呼ぶべき最新の素材が使われている。ちなみに先代XJが第1世代、第2世代XK、第3世代が現行XJだそうだ。

大きく、複雑な形状を成形できるようになったことによって、部品点数が減った。Fタイプ1台あたり約2500の部品で構成されているのに対して、4ドアサルーンという違いはあるが先代XJでは約3000もあった。

FタイプのAピラーからリアフェンダーにいたる大きなパネルは、なんとひとつの部品でできているというから驚いてしまう。

また、鋭い線も成形できるようになり、ジャガーの名物デザインディレクター、イアン・カラムの熱望していたフロントフェンダーの鋭いエッジも彼の要望通りに実現している。

[次ページへ続く]

ジャガー Fタイプ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー Fタイプ の関連記事

ジャガー Fタイプの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー Fタイプ の関連記事をもっと見る

ジャガー Fタイプ の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22