autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】ジャガー Fタイプクーペ 海外試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2014/4/11 18:52

【試乗】ジャガー Fタイプクーペ 海外試乗レポート/九島辰也(2/2)

関連: ジャガー Fタイプ Text: 九島 辰也 Photo: ジャガー・ランドローバー・ジャパン
【試乗】ジャガー Fタイプクーペ 海外試乗レポート/九島辰也

V8モデルは激しく、レーシングカーそのまま

ジャガーFタイプクーペの試乗インプレッションだが、V6もV8もエンジンスタートからけたたましい爆音を響き渡らせた。特にV8モデルは激しく、レーシングカーをそのまま持ってきたような感覚となる。

ワインディングでは空気を切り裂くバリバリ音を轟かせ、アクセルを抜くとパパンパンパンとバックファイアする。前のクルマがスッと脇によけるのは当然だ。ボクでもそうする。

そしてそのときのハンドリングのよさが絶妙。自身ジャガーオーナーとして日々そのステアリングを握っているが、Fタイプクーペにもジャガーネスがしっかり存在する。

具体的に言うと、ステアリングセンター付近は軽めの反力でそこからじわじわ手応えが生まれ、クルマの挙動がリニアにかつクイックに反応する。う~ん、いい感じだ。特にV6モデルは鼻先が軽い分、クイックさが増して気持ちがいい。

もしかしたら重量バランスの面でこちらの方が最適化されているかもしれない。

また、8速ATに関しては、こういった試乗ではパドルで頻繁に変えることが多いが、今回はまったくのオートマモードでも十分楽しめた。

基本は燃費を考え積極的に上のギアへシフトアップしようとするが、それが邪魔になることはなかった。プログラムの設定によるものだが、コーナーの途中でシフトアップをしたりとかの煩わしさはない。いい躾がなされているようだ。

ジャガー新時代の幕開け!

驚いたのはFタイプRクーペの乗り心地の良さで、こちらもジャガーネスを感じた。

単に足を硬くしたのではなく、ギャップに対するあたりの柔らかさも持ち合わせる。そこはアダプティブダイナミクスという電子デバイスが効いていると思われる。資料によると1秒間に最大500回ダンパー調節をするというから恐れ入る。

サーキット走行ではトルクベクタリングとカーボンセラミックマトリックブレーキを試した。

どちらもこのクラスのトップランナーたちはすでに装備しているが、ジャガーにとっては初の領域。結果は当然合格点。その意味ではここから新時代が幕開けするのは容易に想像できる。

そういえば、今後のレース活動についてなにやら画策しているという噂も……。

となると、その動向は見逃せませんね。

筆者: 九島 辰也

ジャガー Fタイプ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー Fタイプ の関連記事

ジャガー Fタイプの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー Fタイプ の関連記事をもっと見る

ジャガー Fタイプ の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21