autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 韓国自動車事情/日下部保雄のコラム 2ページ目

自動車評論家コラム 2009/9/18 10:00

韓国自動車事情/日下部保雄のコラム(2/2)

関連: ヒュンダイ Text: 日下部 保雄 Photo: 日下部保雄
韓国自動車事情/日下部保雄のコラム

わずか1年前とは状況が異なる韓国

取材ではないので試乗することは出来なかったが、ソウル市内のクルマ事情を俯瞰で眺めることが出来た。日本では見ることの出来ないクルマがたくさん走っているのを眺めるのはそれなりに楽しい。

クルマはどのメーカー(と言っても現代グループと先日、労働争議で話題になった双竜、ルノー・サムスンぐらいしか思い浮かばないけど)も洗練されてきており、デザイン力では日本車をオーバーテイクしているモデルも少なくなく、世界ではなかなか手ごわい相手であることを実感できた。

初めて見るジェネシスなんか、ビックリしてしまった。結構格好良くて、BMWかと見間違えるばかりだったのだ。これなら、北米で人気になるのも分かる。

現代自動車が一昔前に持っていた野暮ったさと、紙一重のアグレッシブさは影を潜め、安心して見られるようになった。

日本ではあまり人気のないIG30も、韓国で見ると町に溶け込みつつ都会的な存在感がある。

昼食の韓国料理

そう、韓国は僅か1年前とは違った顔を見せていた。年を追ってブラッシュアップされているのはクルマだけでなく、人も建物も交通機関もだ。

韓国の人達には気づかないことでも、旅行者には新鮮で何気ない会話の中に、この国の微妙な変化を感じ取ることができた。

ちょっと前までは大変な借金国だったし、高齢化は世界でもっとも早く訪れ、今もウォン安は続く。

それでもこの国は元気だ。その活力はどこにあるのだろうか・・・?と、つらつら思って飯屋に入ったら、疑問の一部は氷解した。

例の韓国料理! 野菜、にんにく、唐辛子を大量に採ることができ、弥が上にも元気になってしまう。

クヨクヨ悩んでいる暇なんかないだろうな、きっと・・・。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ヒュンダイ の関連記事

ヒュンダイの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ヒュンダイ の関連記事をもっと見る

ヒュンダイ の関連ニュース

  • ヒュンダイ、i30cwを発売

    自動車ニュース

    ヒュンダイ、i30cwを発売

    ヒュンダイは、i30cw(アイサーティ)を発売する。価格は、193.2万円からの設定となる。(税込)i30cwは、i30をベースに全長を23....