autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ヒュンダイ IONIQ「一皮むけた!」と欧米で称賛の声!世界初、同一モデルでHV、PHV、EVを実現

自動車評論家コラム 2016/3/3 14:20

ヒュンダイ IONIQ「一皮むけた!」と欧米で称賛の声!世界初、同一モデルでHV、PHV、EVを実現

ヒュンダイ IONIQ「一皮むけた!」と欧米で称賛の声!世界初、同一モデルでHV、PHV、EVを実現

ヒュンダイとしては“大人しい”イメージ

ヒュンダイ(現代)のIONIQヒュンダイ(現代)のIONIQ

韓国のヒュンダイがスイス・ジュネーブショーで、新しい次世代車「IONIQ」を世界初公開した。ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、そしてEV(電気自動車)を同一モデルで量産するのは世界初の試みだ。

ボディ形状はオーソドックスな4ドアセダンで、サイズは全長×全幅×全高=4470×1820×1450(mm)、ホイールベースは2700mm。

外観デザインは、近年のヒュンダイとしては“大人しい”イメージ。フォードやフォルクスワーゲンなどのCセグメント車といった雰囲気だ。

インテリアも、新型プリウスと比べると、近未来をイメージするようなデザインではなく、世界標準のCセグメント車としての利便性を重視した。ただし、各種スイッチのタッチ感は、欧州車の高級モデルに匹敵するほどの高いクオリティを感じた。

パワートレインについては、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車は、Kappa1.6リッター直噴ガソリンエンジンを搭載。

トランスミッションは、6速のダブルクラッチ式で、モーター(最大出力32kw、最大トルク170Nm)を組み合わせる。プラグインハイブリッド車は、左前輪の手前に充電ポートがある。

IONIQはモデル名称ではなく次世代ビジネス全体のブランドへ

ヒュンダイ(現代)のIONIQヒュンダイ(現代)のIONIQ

EVでは、車体の前部にモーター(最大出力88kw、最大トルク295Nm)とインバーターを搭載。リチウムイオン二次電池(容量28kwh)の電池パックは車体後部に組込んだ。

オンボードチャージャーの出力は6.6kwで、100kwの直流急速充電で満充電の約8割を充電する。交流の普通充電では7kwの充電器で4~5時間で満充電できるという。

ヒュンダイとしては、IONIQを単なるモデル名称ではなく、同社の次世代ビジネスの全体を表現するブランドとして位置付けている。

そのため、電動車などの技術領域だけでなく、今後はカーシェアリングなどの新しい交通システムでも、IONIQブランドによる事業を展開する可能性がある。

こうしたヒュンダイの新たなる取組みついて、欧米のメディアからは「ヒュンダイがひと皮むけた」という称賛の声が多い。

[Text:桃田健史]

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ヒュンダイ の関連記事

ヒュンダイの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ヒュンダイ の関連記事をもっと見る

ヒュンダイ の関連ニュース

  • ヒュンダイ、i30cwを発売

    自動車ニュース

    ヒュンダイ、i30cwを発売

    ヒュンダイは、i30cw(アイサーティ)を発売する。価格は、193.2万円からの設定となる。(税込)i30cwは、i30をベースに全長を23....