autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 ホンダ ストリーム グレード比較 7ページ目

新車グレード比較 2009/7/27 15:00

ホンダ ストリーム グレード比較(7/7)

関連: ホンダ ストリーム Text: 松下 宏 Photo: 島村栄二/本田技研工業株式会社
ホンダ ストリーム グレード比較

ホンダ ストリームの、買いのグレードは?

RSTの追加によってバリエーションが拡大されたため、お勧めグレードの的が絞りにくくなった。

そのRSTについては、最初に語っておこう。

3列目のシートを使う機会が滅多になく、通常は2列4人乗りの範囲内で間に合うなら、RSTを選ぶと良い。RSTの乗車定員は5人だが、2列目シートの中央には3点式シートベルトが用意されていないので、4人乗車と考えたい。(3列シート車も6人乗りと考えるべきだ)

RSTは、スポーティな外観デザインなどから、RSZのSパッケージに比べて7万円しか安くないのだが、ステーションワゴン感覚の使い勝手が欲しいならRSTが良い。

サスペンションの味付けなどから言っても、RSTがお勧めなのだ。

3列シートのミニバンとしてのストリームが欲しい人には、予算に余裕があるならGiを勧めたい。最新の安全装備が手に入るのは、大きな魅力だ。といっても価格が高いため、Giはほとんど売れないグレードになっているのが実情。

ホンダには、安全装備を幅広く展開しつつも、もっと価格を安くして欲しい。

家族構成を考えるとミニバンが必要だが、ふだんは通勤などでほとんど一人で乗っている、というような使い方のユーザーにはRSZも良いが、乗り心地はかなり硬めで必ずしもミニバン向きではない。

RSZではなく、1.8Lエンジンを搭載したX系のグレードを選べばいいだろう。

ただし、先に触れたようにベースグレードのXではVSAを選ぶことができないので、スタイリッシュパッケージかHDDナビパッケージを選んだ上で、オプションでVSAを装着したい。

RSZやRSTを選ぶときにも、VSAのオプション装着を忘れないようにしたい。

VSA装着車であれば、万一のときの事故を避けられる確率が確実に高くなるからだ。

筆者: 松下 宏

ホンダ ストリーム 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ストリーム の関連記事

ホンダ ストリームの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ストリーム の関連記事をもっと見る

ホンダ ストリーム の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円